浦幌小学校で「日立建機環境出前授業」を開催

3月13日、日立建機は、当社の浦幌試験場がある北海道十勝郡の浦幌小学校にて、第4回目の「日立建機環境出前授業」を開催しました。

この出前授業は理科の授業「生き物と環境」の一環で、地域の自然環境の価値と課題について学習することを目的としています。
6年生28名が参加し、日立建機、NPO法人日本野鳥の会十勝支部と浦幌町立博物館が、それぞれ地球環境と生態系保全、浦幌の野鳥や植物ついての授業を行いました。
また、野外で野鳥観察を行い、オジロワシ・タンチョウ・ノスリなどの貴重な野鳥を間近に観察することができました。

このイベントは、地域の自然の魅力を知り、環境との関わりを考える良い機会となっています。これからも、自然環境を守っていくことの大切さを伝えていきます。

 

教室内での授業

 

野鳥観察

 

タンチョウを発見!

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。