環境行動計画

日立建機グループは、環境ビジョンの実現と長期計画「環境CSV2030」を推進するため、環境行動計画を定め、具体的な活動項目と目標を設定して取り組んでいます。

環境行動計画では、国内外の製造グループ会社、販社グループ会社が対応すべき日立建機グループ全体の統一な指標(定量目標、非定量目標)を策定しています。各社は日立建機グループ環境行動計画を基に毎年の環境計画を策定し環境活動を行っています。また10月には計画の中間点として各社の進捗状況を確認し、対応しています。下記は、環境行動計画の中期計画としての目標と実績です。

日立建機グループ 中期計画

2019年3月末時点

2016~2018中期計画(抜粋)
カテゴリー 行動目標 2018年度
目標 実績 評価
マネジメント 中小事業所コンプライアンス強化 訪問指導のフォローアップ 訪問指導のフォローアップ ◆◆◆
グローバル環境管理強化 環境監査
海外2事業所
環境監査
海外2事業所
◆◆◆
環境活動のレベル向上
「GREEN21」のGP*1
480GP以上 511GP ◆◆◆
プロダクツ&サービス 製品によるCO2排出量抑制への貢献 360万t 355万t ◆◆◆
ファクトリー&
オフィス
地球温暖化防止 エネルギー使用量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2005年)
27.3% 31.7% ◆◆◆
資源の循環的な利用 廃棄物有価物等発生量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2005年)
32.8% 34.5% ◆◆◆
廃棄物の再資源化率
[グローバル]
97.5% 97.1% ◆◆◆
水使用量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2005年)
43.0% 47.4% ◆◆◆
化学物質の管理 化学物質大気排出量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2006年)
42.4% 47.6% ◆◆◆
生態系の保全 各社フラグシップ活動の推進
(にじゅうまる宣言)
累積8件 累積8件 ◆◆◆

* 1 計画に対する達成度をポイント化した指標
* 2 2017年度の実績に応じて2018、2019年度目標を上方修正。化学物質については、日立グループ指定50物質で管理

2019~2021中期計画(抜粋)
カテゴリー 行動目標 2019年度 2021年度
目標 目標
コンプライアンス コンプライアンス 違反0件 違反0件
グローバル環境管理強化 環境監査
国内外9事業所
年次監査
100%
中小事業所環境管理強化 訪問指導実施率 20% 訪問指導実施率 100%(累計)
サプライヤとのパートナーシップの強化 環境巡視の推進 環境巡視の推進
ESG グローバルESG評価の向上 GPIF対応Index取得
・FTSE4Good
・FTSE Blossom
・MSCI
インデックス維持継続
環境活動レベル 環境活動レベルの向上
「GREEN21」のGP*1
160GP 320GP
製品・サービス 製品・サービスのCO2排出量削減率
(基準年度2010年)
16.9% 17.0%
ファクトリー&オフィス CO2排出量原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2010年)
6.5% 10.1%
再生可能エネルギー導入 0.9% 1.1%
水循環 水使用量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2010年)
28.2% 36.7%
資源循環 廃棄物有価物等発生量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2010年)
3.9% 7.4%
化学物質 化学物質大気排出量の原単位改善率*2
[グローバル](基準年度2010年)
23.3% 28.0%

*1 計画に対する達成度をポイント化した指標
*2 連結対象の国内外主要生産拠点

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。