日立建機タイランドが、サハコール エクイップメント社に電動式超大型油圧ショベルEX2600E-6LDを 9台納入

2017年12月28日

日立建機株式会社(執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)の連結子会社である日立建機タイランドは、Sahakol Equipment Public Company Limited(サハコール エクイップメント Public Company Limited/以下、サハコール社)へ、電動式超大型油圧ショベルEX2600-6LD 9台を納入、2017年12月7日に、タイ王国ラムパーン県にあるElectricity Generating Authority of Thailand (タイ電力庁/以下、EGAT)が所有するマエモウ鉱山にて納入式を行いました。

式典は、EGAT 副長官のBanpot Theeravas氏、サハコール社 執行委員会長のNoppun Muangkote氏、そして日立建機 執行役会長の石塚 達郎が参加する中、行われました。

今回納入した9台の電動式超大型油圧ショベルは、EGATからサハコール社に委託され10年間続く「EGAT No.8プロジェクト」で使用される機械で、1972年の鉱山運営の開始以来、タイ王国内最大の露天掘り鉱山であるマエモウ鉱山における、電動式超大型油圧ショベルの納入としては、2番目の納入規模となります。

日立建機タイランドは、1995年にマエモウ鉱山に最初の電動式超大型油圧ショベルEX2500Eを納入しましたが、当機は現在まで22年間稼働しており、日立建機のマイニング製品の卓越した耐久性を証明しています。さらに、今回納入した6型シリーズは、例えば、インテリジェントマルチファンクションディスプレイやコントローラエリアネットワーク、最新の運転室、フレームボックスデザインなど、新たな機能・機構を搭載しています。

日立建機タイランドは、製品の提供に加え、お客さまへ優れたアフターセールスサポートを提供し続けていることで、タイ王国におけるマイニング向け超大型油圧ショベルの市場No.1シェアを維持しています。

参加者へ挨拶をする日立建機執行役会長の石塚 達郎

 

メディアの取材を受けるサハコール社Sasavat氏とVitavat氏および日立建機タイランド社長 白石 誠とAmnat氏

 

参加者の記念撮影

(左からサハコール社COO Vithavat Sirison氏、サハコール社CEO Sasavat Sirison氏、EGAT副長官Banpot Theeravas氏、サハコール社 執行委員会長Noppun Muangkote氏、日立建機執行役会長 石塚 達郎、日立建機アジアパシフィック社長 橋本 俊哉、日立建機タイランド社長 白石 誠、日立建機タイランドCOO Amnat Piyajittra氏)

以上