鉱山用ダンプトラックをメンテナンス・サービス用に改造、 モザンビークの鉱山に納入

2018年4月23日

大規模鉱山の「安全性向上」と「生産性向上」に貢献

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)の連結子会社である日立建機アフリカ(Pty) Ltd.は、同じく連結子会社で代理店の日立建機(モザンビーク)Limitedと協力し、ダンプトラックEH1100(車両総重量110t)をベースとした巨大なサービス用トラックを開発し、このたび、世界有数の鉱山会社であるVale S. A. (ヴァ―レS. A.)の所有するモザンビーク共和国テテ州モアティゼ郡にあるモアティゼ石炭鉱山に納入しました。

今回納入したサービス用トラックは、油圧システムが搭載された大型の鉱山機械に使われる油脂類を積み込んで鉱山内を周回するために、荷台部分を大容積のタンクに改造した車両です。モアティゼ石炭鉱山で稼働する超大型油圧ショベルやダンプトラックなどのメンテナンスに活用されます。本トラックは、ダンプトラックEH1100の巨大な荷台を改造し、10,000ℓまでの油脂類を積み込むことができる大容積のタンクを6つ備えています。メンテナンスで使われる潤滑用グリスや冷却クーラントなど、必要な油脂類を大量に積載し、大規模鉱山で稼働する大型機械のすぐそばまで近づき、車体から長さ15mのホースを伸ばして直接給脂することを可能にしています。
また、走行用エンジンと別に、蓄電池と電動ユニットを備えていて、メンテナンス作業中は走行用エンジンを停止することで、コストと環境負荷の低減を同時に実現しています。またLED照明を多数取り付けることで、夜間作業における安全性の向上に寄与しています。

大規模鉱山では、大型の各種機械が昼夜別なく稼働しています。お客さまは、日々のメンテナンスによる機械の停止時間を短縮し、生産性の向上を図るとともに、省エネルギー化を進めるためにさまざまな取り組みを進めています。
今回開発した巨大なサービス用トラックを活用することで、一般的なサービス車両での給脂メンテナンスの作業に比べ、安全性を高めた環境で、効率良く作業を進めることができ、超大型油圧ショベルやダンプトラックに対するメンテナンス作業の時間を短縮します。適切なメンテナンスが時間を短縮して行われることで、鉱山機械の稼働効率を向上させ、大規模鉱山全体の生産性向上に貢献します。

日立建機は、日立建機アフリカ(Pty) Ltd.をはじめとした各地域の連結子会社とともに、今後も、鉱山業界全体の課題である鉱山内の「安全性向上」と「生産性向上」を解決するため、お客さまにさまざまなサポートメニューを提供していきます。

ダンプトラックEH1100をベースにしたサービス用トラック

 

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。