新型超大型油圧ショベルEX-7シリーズの開発を推進

2018年7月5日

日立建機株式会社(執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、超大型油圧ショベルEX-6シリーズからのフルモデルチェンジとなるEX-7シリーズの開発を進め、海外の鉱山向けに2019年4月から順次発売を開始します。

開発中の超大型油圧ショベルEX-7シリーズ(イメージ)

2008年1月に発売を開始した現行のEX-6シリーズは、安定した作業能力と信頼性に基づく高稼働率を維持し、世界中の鉱山業界のお客さまから高い評価をいただいています。

近年、鉱山業界では、増大する資源需要の市場動向に対応しながら、鉱山の安全性や生産性の向上や、資源の掘削から加工、搬出、積み出しまで鉱山全体のサプライチェーンにおける効率化を果たすことがお客さまの課題となっています。
そのため、鉱山機械メーカーには、機械としての信頼性に加えて、ICTやIoT技術を活用した鉱山機械や鉱山管理システム、さらにはそれらを組み合わせたソリューションの提供が求められています。

EX-7シリーズは、機械に搭載した各種センサからの情報を基に、お客さまへの定期的な稼働レポートの配信や、機械状態に応じた適切なメンテナンスやサービス部品の提供をタイムリーにすることを可能にし、お客さまの課題解決に貢献します。
また、EX-7シリーズのうちEX2600-7(運転質量258t)以上のクラスでは、カミンズ社製エンジンに加えて、MTU社製エンジンの選択が可能になります。現在、超大型油圧ショベルの排出ガス規制のある北米地域をはじめ、世界中のお客さまからの要望に応じたエンジンの選択が可能となります。

日立建機グループは、長年培ってきた建設機械の自社技術に加え、日立グループの強みであるICTや、制御およびIoTの技術を活用する「One Hitachi」の取り組みと、オープンイノベーションを通じて、お客さまの課題である「安全性向上」や「生産性向上」、「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。