オセアニア地域における事業拡大のために地域統括会社を設立

2019年3月22日

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、オセアニア地域の事業を強化し、さらなる建設機械の販売拡充と部品・サービス事業の拡大のため、今般、同地域の事業を統括する新会社を4 月1 日に設立することを決めました。

オセアニア地域における部品事業の拡大を担う部品センター

新会社設立の背景

オーストラリア連邦は、鉄鉱石や石炭など豊富な鉱物資源に恵まれており、日立建機は、従来より鉱山用の超大型油圧ショベルと超大型ダンプトラックを多数納入し、毎年トップシェアを維持しています。

現在は、日立グループ各社との協業を促進する活動「One Hitachi」の一環として、ダンプトラック自律走行システムの開発を推進し、2019 年度中の商用運行に向けて、お客さまと共に実機による試運転に取り組んでいます。

オペレーションとしては、これまで、オーストラリアを管轄する日立建機(オーストラリア)Pty., Ltd.と、さらにはニュージーランドを管轄するケーブルプライス(NZ) Limited の2 社を通じて、それぞれの会社が独自に建設機械本体および部品・サービスの供給を行ってきました。

今回の新会社設立により、今後は、オセアニア地域一帯に新会社を通じた一括供給とすることで、新・中古車、部品・サービス事業すべての効率性を高めるとともに、今後も成長が見込まれる同市場で、新車以外の部品・サービス事業やソリューションを主体としたバリューチェーン事業の強化・拡大を加速していきます。

日立建機グループでは、これまで身近で頼りになるパートナーとして、各地域の社会課題を解決するソリューション「Reliable solutions」の提供に取り組んできました。オセアニア地域でもさらなる良質な機械・ソリューションを提供し、お客さまの事業における課題解決に貢献していきます。

新会社の概要

  1. 会社名 :           日立建機オセアニアホールディングスPty., Ltd.
  2. 目的 :      オセアニアにおける建設機械および部品・サービスの供給並びに地域事業の統括
  3. 設立日 :     2019 年4 月1 日(予定)
  4. 資本金(予定):  2,335 万オーストラリアドル(約18 億円)
  5. 出資比率 :      日立建機 100%
  6. 本社所在地 :     オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州(予定)

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。