アフターサービス部品のグローバル供給体制を再構築

2013年11月6日

-「つくば部品センタ」を開設し、日立物流に業務を委託-

日立建機株式会社(社長:辻本 雄一)は、建設機械や鉱山向け機械の保守部品のグローバル供給体制を再構築するため、グローバル供給拠点であった茨城県土浦市の土浦工場内および周辺に分散している部品センタ機能を、株式会社日立物流(社長:中谷 康夫)が茨城県つくば市に建設中の大型物流センター(52,700m2)に移転集約し、物流の効率化を図り保守サポート体制をより強化することとしました。

世界の建設機械需要は、リーマンショックで一時的に大きく落ち込みましたが、2010年以降は回復し、リーマンショック以前を上回る水準で推移しています。それに伴い、当社の稼働機械は堅調に増加していることに加え、大型・超大型油圧ショベルやダンプトラックといった、長時間の連続稼働を伴う鉱山(マイニング)向け建設機械についても大きく増加してきています。

このような状況のもと、製品のサービス強化が重要なポイントとなっていますが、既存の部品センタは近年の部品需要の増大に対して機能が分散しているなど、迅速に対応しきれない面があり、保守サポート体制の強化が課題となっていました。

現在、日立グループでは、グローバルでの持続的成長を実現すべく、コスト構造の抜本的改革による競争力の向上を図る「Hitachi Smart Transformation Project」を推進しています。日立建機も当プロジェクトの一員として、日立グループの総合力を生かして日立物流と協力し、保守部品の大型物流センターを2014年4月に開設することとしました。また同時に保守部品物流全般を日立物流に3PL委託し、同社の持つグローバル物流管理システムにより、物流コスト低減と併せてグローバル供給体制の効率化・迅速化を図ってまいります。

※ 3PL(スリーピーエル): サードパーティーロジスティクス(3rd Party Logistics)の略。企業の物流業務全般を、第三の企業へ包括的に委託して、実行すること。

新部品センタの概要

名称 つくば部品センタ(日立物流における名称:つくば物流センター)
所在地 茨城県つくば市稲岡821-1[アクセス]圏央道:つくば牛久ICより車で3分
建屋仕様 鉄骨造(地上2階建)
敷地面積 約93,200㎡(28,000坪)
延床面積 約52,700㎡(16,000坪)
荷役機器等 天井クレーン35基、電動移動ラック、ドックレベラー 4基、垂直搬送機 4台、荷物用エレベータ 6基、搬送コンベヤ
主な取扱商品 建設機械用部品 等
稼働予定時期 2014年4月
PR20131105100947121_image1

完成予想図

以上

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。