製品生産の流れ

土浦工場では研究・開発から設計・生産・検査まで、あらゆる分野において最先端の技術に挑み、その成果を製品に反映させ、より高次元の建設機器やハイテクFA製品作りを推進しています。

3D-CAD設計

設計部門では、コンピュータ設計のもとで、3D-CADシステムを駆使し、データの共有・共用を行い、製品開発のリードタイム短縮、部品設計の自動 化、標準化を図っています。更に、ブームやアームなどの力学計算、駆動機構のシミュレーションを同時並行して行えるため生産性の向上、品質の安定化など に、大きな役割を果たしています。

tour_01

製缶 溶接

構造物の溶接は高度な機能を兼ね備えた自社開発品を含めた溶接ロボット群によって溶接されています。この溶接技術は世界中の注目をあびています。このような溶接ロボットは海外の提携企業にも供給され、生産性の向上と製品の信頼性向上に大いに貢献しています。

tour_02

機械加工(霞ヶ浦・常陸那珂工場)

霞ヶ浦・常陸那珂工場では、沢山の機械部品を加工し、組立てています。霞ヶ浦工場では、多種類の部品を無人で加工できるFMSライン、各種NC工作 機械と自動倉庫を結ぶ無人搬送台車、適正な在庫管理、材料の出し入れから加工の完成までをコンピュータと連動させ管理・運営しています。このようなシステ ムを有機的に結んで合理的な一貫生産を可能にし、大幅な省人化と効率向上を図っています。常陸那珂工場では、各種工作機械、FMSライン等により、主に大 型・超大型の油圧ショベル、マイニングダンプなど大型建設機械の機械部品を加工し、組立てています。

tour_06

組立(土浦工場・常陸那珂臨港工場)

油圧ショベル、ホイールショベルの組立ラインです。土浦工場では、機械質量10t~40tクラスの多種多様のショベルをお客様のニーズに合わせて1 本の組立ラインで混流生産しています。この組立ラインは生産性向上と製品の信頼性向上の為にいろいろな工夫をしており、コンベアーで流しています。常陸那 珂臨港工場では、機械質量45t以上の大型・超大型油圧ショベル及び積載質量170t以上のマイニングダンプを生産しています。

tour_03

検査

品質は各工程で作り込むのが基本ですが、二重三重のチェックを兼ねて、溶接部分は超音波自動検査装置で検査するなど各工程で品質を確認しています。最終段階では一台一台試験運転し、合格した製品だけが完成品として発送されます。

tour_04

塗装

中型の油圧ショベルは組立前の部品単品で仕上げ塗装をしています。下塗りから仕上げ塗装までの一貫したライン化とロボット等による自動化が図られて います。防錆性向上のため、薄板部品はカチオン電着塗装、厚板部品はショットブラスト処理をしています。写真はロボットによるフロント仕上げ塗装です。

tour_05

世界工場へ

日立建機ではお客様の多様化するニーズにタイムリーにお応えできるような全社情報ネットワークを構築し、お客様からの情報に直結するシステム、生産体制を整えています。

tour_07

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。