設計・施工計画

3次元設計データ・施工土量算出

設計の3次元データ化と土量算出の精緻化

  • 設計図書(平面図・縦断図・横断図)を3次元データ化。
  • 3次元設計データをもとに、建機転送データに変換。
  • 3次元現況データと3次元設計データの差分から施工量(切土・盛土)を算出。

3次元設計データ作成の流れ

1 3次元形状データの作成

設計図書(平面図・縦断図・横断図)から必要な情報を3次元設計データ作成ソフトウェアに入力。施工対象の3次元形状データを作成する

2 面データへの変換

3次元設計データ作成ソフトウェアを使って、3次元形状データに要素データ(断面追加)を補完し、TINデータへ変換。施工土量算出や出来形管理のための3次元設計データとなる。

3 建機転送データへの変換

建機転送データ変換ソフトウェアを使って、3次元設計データをICT建機にインストールできる形式にデータ変換する。

施工土量算出の流れ

1 3次元現況データと3次元設計データの対比

作成した3次元設計データと、UAVやレーザスキャナより取得した3次元現況データを重ね合わせる。

2 施工土量の可視化

重ね合わせた差分が所定の計算方法(選択式)で算出され、盛土量・切土量が把握できる。

データのやり取り

3次元設計データをクラウド経由で関係者と簡単に共有できます。
また、3次元点群処理ソフトウェアを使って、施工土量算出をすることができます。

販売・レンタル対応 建設システム・福井コンピュータのソフトウェアの販売とレンタルを行っています。
3次元点群処理
ICT施工トップへ
ICT施工
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。