設計・施工計画

3次元点群処理

現況の3次元データ化

  • UAV空撮などから得た写真(面計測)を使用。
  • 面計測した画像から高密度な3次元点群を抽出。
  • 草木などのノイズを除去し、3次元データとして完成。

取得した点群データの処理から3次元現況データ作成まで

1 点群データ復元

UAVによる空撮写真や、レーザスキャナ計測データを、ソフトウェアにより地形・地物などの3次元座標値を持つ点群データとして復元する。

2 ノイズ除去

取得した点群データにある草木などの不要点(ノイズ)を点群処理ソフトウェアを用いて除去する。


密度によるフィルタリング

3 間引き

全計測点群データを用いるとデータ処理の際の負荷が高くなるため、代表点を抽出して点群密度を減らす。

ワイヤーフレーム

4 TINデータ(面データ)の作成

間引いた点群にTIN(不等三角網)を配置。地形や岩区分境界の面データを作成する。


面表示

電子納品支援ソフトウェア

日立建機のオープンイノベーション

p3_r5_l

UAVやレーザスキャナなどによって得られた点群データの不要点削除などが行えます。また、土量算出・点群密度変更・横断SIMA出力・出来形集計が行える他、3次元出来形管理のヒートマップを3Dビューアで出力できます。

p3_r5_r

UAVやレーザスキャナ、MMS※などで計測した点群データの処理・活用を支援。豊富なフィルタ機能や断面作成、メッシュ土量計算、ヒートマップに対応した3次元出来形管理など、3Dビューア出力で閲覧できます。
※ MMS(Mobile Mapping System)モバイルマッピングシステム

データのやり取り

点群データやTINデータ(面データ)などの3次元点群処理した大容量データを、クラウド経由で簡単に関係者と共有できます。

販売・レンタル対応 建設システム・福井コンピュータのソフトウェアの販売とレンタルを行っています。
レーザスキャナ測量
ICT施工トップへ
3次元設計データ作成
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。