施工

ICT施工

ICT建機により高い安全性と生産性を実現

  • ICT建機のセットアップをハード面、ソフト面からサポート。
  • オペレータの熟練度に左右されることなく安定した品質の実現。
  • 施工履歴をもとに、進捗状況の把握と出来高算出が可能(別途契約が必要になる場合があります)。

ICT施工による安全性と生産性の向上

測量作業を低減し、掘削作業時間も短縮。補助作業員を必要としないので、作業を安全に進めることができます。

ICT建機のセットアップ

測位方式に応じた機器の準備、ローカライゼーション(GNSSの場合)、ICT建機側の準備が必要です。

ICT建機の稼動状況や進捗、出来高を簡単に把握

ICT建機がネットワークに繋がることで、施工履歴データによる現場の進捗管理が可能。また、「施工履歴データ」「UAV測量データ」「レーザスキャナ測量データ」を用いて出来高数量算出の効率化が図れます。

※ 部分払出来高要求UAVとレーザ計測精度

計測方法 要求精度・精度確認 計測最大距離 評価に必要な点群密度
※計測時の密度設定
UAV 20cm以内 3cm / 画素以内 1点以上 / 0.25m2(50cm × 50cm) ※計測密度は上記以上を確保する設定販売・レンタル対応レーザスキャナの販売とレンタルを行っています。
レーザースキャナ 精度確認試験の測定距離以内 精度確認試験は、該当現場での計測最大距離において、 10 m 以上離れた2つの評価点の点間距離の点間距離の測定精度で評価する。
販売・レンタル対応 ICT建機と周辺機器の販売とレンタルを行っております。
3次元設計データ作成
ICT施工トップへ
出来形管理
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。