起工測量

レーザスキャナ測量

リアルタイムに広範囲で高精度な3次元座標データを取得

  • タイポイント(観測用基準点)を設置。レーザスキャナによるスキャニング。
  • 広範囲で高精度の3次元現況を、少人数で取得。
  • 高い点密度をもとに、より高精度な面データを作成可能。

レーザスキャナ測量の流れ

1

現地踏査

現地踏査にて、計測範囲や支障物の確認を行い、計測位置やタイポイント設置位置など、スキャニング計画を立てる。

2

基準点測量

スキャニング計画に基づき、タイポイントを設置。トータルステーション(TS)でタイポイント2点間の距離を計測し、スキャンデータから得られる数値と比較する。

3

スキャニング

対象範囲のスキャニングを実施。単カットごとのデータを確認しながら、計測の漏れをチェックする。

データのやり取り

レーザスキャナ計測データなど、大容量な測量データをクラウド経由で関係者と簡単に共有できます。

レーザスキャナ要求計測精度

工種別 要求精度・精度確認 地上画素寸法 評価に必要な点群密度
※計測時の密度設定
起工測量 10cm以内 精度確認試験の測定距離以内 精度確認試験は、該当現場での計測最大距離において、10 m 以上離れた2つの評価点の点間距離の点間距離の測定精度で評価する。 1点以上 / 0.25m2(50cm × 50cm) ※計測密度は上記以上を確保する設定
販売・レンタル対応レーザスキャナの販売とレンタルを行っています。
UAV測量
ICT施工トップへ
3次元点群処理
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。