Solution Linkage Point Cloud

施工管理を簡単にSolution Linkage Point Cloud
クラウドにアップするだけ、UAV撮影画像を点群データへ
UAV撮影 > アップロード > 3次元化 > ダウンロード

Solution Linkage Point Cloudの概要

一般的なUAVを使った空中写真測量は、写真撮影後に高性能なパソコンや、高価な点群生成ソフトを使って解析する必要があり、初期費用が高額になります。また、せっかくUAVを建設現場で所有していても、単に高所からの写真を撮るだけに使っていることもあります。
Solution Linkage Point Cloudは、お客様ご自身で現場の空中写真を撮影していただければ、専用のパソコンや点群生成ソフトを購入せず手軽に3次元点群を生成できるサービスです。

Solution Linkage Point Cloudの概要
Solution Linkage Point Cloudの概要

Solution Linkage Point Cloudは、以下の4ステップで写真から点群を生成します。
①お客様がUAVで現場の空中写真を撮影
②ブラウザでSolution Linkage Cloudに、事前に取得したIDとパスワードでアクセス
③撮影した空中写真と標定点座標のCSVファイルをまとめてアップロード
④クラウド処理が終わったら点群データ(点群ファイル(LASデータ)、オルソ画像(TIFFデータ)、処理レポート(PDFファイル))をクラウドからダウンロード
上記のステップで作製した点群ファイルは、点群処理ソフトで開けば、体積計測や距離計測が可能です。1回のデータ解析ではアップロード写真枚数の上限が400枚としており、UAVの飛行高度にもよりますが、おおむね5haの現場を点群化できます。

Solution Linkage Point Cloudで変わる

現場の現況点群作成は初期費用が高価で高度な専門知識が必要

Solution Linkage Point Cloudで変わる
Solution Linkage Point Cloudで変わる

Solution Linkage Point Cloudの利用方法

Solution Linkage Point Cloudの利用方法
Solution Linkage Point Cloudの利用方法

※時系列でデータを比較したり、起工測量データと比較する場合は、現場に標定点と検証点を設置してトータルステーションなどで座標計測し、クラウドでの点群生成の際に入力が必要です。専用の標定点マーカーでない場合は、別途写真1枚ごとに座標指定してください。

Solution Linkage Point Cloudでできること

現場の進捗管理

撮影したUAV撮影画像を点群化して、点群処理ソフトなどで進捗確認ができます。

現場の見える化

UAVで撮影した現場の状況写真を3次元化することで、現場での打ち合わせや発注者説明、住民の方への説明資料などに役立ちます。

Solution Linkage Point Cloudの利用用途

土工
採石
産廃
災害

Solution Linkage Point Cloudの連携

Solution Linkage Surveyと連携

Solution Linkage Surveyとの組み合わせで利用シーンが拡大できます。

Solution Linkage Point Cloudの連携
Solution Linkage Point Cloudの連携

Solution Linkage Point Cloud ご利用の流れ

Solution Linkage Point Cloud ご利用の流れ
  1. Solution Linkage Cloudのアカウント取得

    Solution Linkage Point Cloudのご利用にはSolution Linkage Cloudのアカウント(登録無料)が必要です。

  2. Solution Linkage Cloudにログイン

    Solution Linkage Cloudにログインし、アプリケーション一覧より、Solution Linkage Point Cloudを選びます。

    Solution Linkage Point Cloud

    Solution Linkage Point Cloud

    Solution Linkage Cloudのアカウントをお持ちの方は、こちらからお進みください。

  3. ご利用方法を確認する

    Solution Linkage Point Cloudのご案内」→「ご利用方法」より、以下の項目を確認し、ご準備ください。

    • (1)機材のご準備
    • (2)ウェブでご契約
    • (3)ご利用開始
課金までの流れ

ご準備いただく機材など

  • UAV(ドローン)

    UAV(ドローン)に必要なスペックは、以下の通りです。
    ・自動航行可能なもの
    ・計測用/測量用の自動撮影が可能なもの
    ・動作確認済みUAV:DJI Mavic 2 Pro

  • パソコン本体

    ご利用するパソコンに必要なスペックは、以下の通りです。
    ・対応OS :Windows 10
    ・対応ブラウザ:Google Chrome

  • 対空標識(マーカー)

    対空標識(マーカー)

    Solution Linkage Point Cloudで使用する標定点・検証点マーカーです。

  • 出力フォーマット

    Solution Linkage Point Cloudからの出力フォーマットは、以下の通りです。
    ・3Dデータ(.las)
    ・3D PDF(.pdf)
    ・オルソ(.tif)
    ・処理レポート(.pdf) ※英語表記

Solution Linkage Point Cloud ご紹介動画

  • ●記載内容は、2021年4月現在のものです。掲載した内容は、予告なく変更することがあります。
  • ●掲載画面はイメージです。実際の画面はバージョンや機種により異なる場合があります。
  • ●本サービスのご利用は、最新の利用規約に基づくものです。必ずご確認ください。
  • ●本サービスの機能は、ご利用のパソコンの性能、OS、ネットワーク環境などによっては十分に機能しない場合があります。
  • Solution Linkage®は、日立建機株式会社の登録商標です。
  • ●TREND-POINTは、福井コンピュータ株式会社の登録商標です。

正しい操作と、周囲への思いやりは、安全作業の第一歩です。 ご使用の前に、必ず「操作マニュアル」をよく読み、正しくお使いください。

Solition Linkage サポートデスク
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。