ビジョンと基本方針

日立建機グループは、日立グループの一員として、日立製作所が策定した「環境ビジョン」に基づき、ステークホルダーとの協創による社会イノベーション事業を通じて環境課題を解決し、生活の質の向上と持続可能な社会の両立をめざしています。

「環境ビジョン」がめざす社会を構成する「低炭素社会」「高度循環社会」「自然共生社会」を実現するために、日立建機グループでは、環境活動の基本方針となる「環境保全行動指針」を策定し、取り組みを推進しています。

自社の「生産」段階での削減と共に、製品ライフサイクルで85%以上の温室効果ガス排出量を占める、「使用」段階での排出削減に取り組みます。

事業を通じて、水・資源循環社会の構築に貢献します。

バリューチェーンの各ステージにおいて、生態系に与える影響を評価し、負荷を最小限にするための施策を推進していきます。

低炭素社会

自社の「生産」段階での削減とともに、製品ライフサイクルで85%以上の排出量を占める「使用」段階での温室効果ガスの排出削減に取り組みます。

高度循環社会

事業を通じて、水・資源循環社会の構築に貢献します。

自然共生社会

バリューチェーンの各ステージにおいて、生態系に与える影響を評価し、負荷を最小限にするための施策を推進していきます。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。