日立建機

Global

解体・破砕機

日立建機は常に解体業界において最先端におり、毎年、400機以上の解体・破砕機やアタッチメントを販売しています。

01 (6)

20以上の大掛かりな解体・破砕作業の領域がある中、日立建機はそれらに対応できる多様な機械を扱っています。機種は8トンから150トンまで幅広く、様々なスケールの作業に必要な専門タスクをこなすことができます。また日立建機は世界で最も高い解体機械を製造しており(2004年現在)、マルチブーム仕様のZAXIS 1400Kは、基礎からアタッチメントまで50mの高さがあります。

解体作業では埃、金属、コンクリートなど大量の粉塵が発生します。オペレーターの安全を確保するために、解体専門ショベルKシリーズには、いくつかの特別な仕様が搭載されています。がれきから守るキャブの上部と正面のガードやクローラーに金属が巻き込まれるのを防止する車台のガードなどがその特別仕様の一部です。

日本は地震が多い国であり、大半のビルは耐震設計となっています。そのような頑強な建物を解体するには、機械自体が特別頑丈でなければならず、私たちの技術が最先端を行っている理由をご理解いただけると思います。日立建機の解体専門ショベルは頑強な建築物にも対応したアームを装備しています。人口密度が高く、建築・解体率が高い日本での経験を生かし、史上最も作業効率が良い機械やアタッチメントを開発しています。

02 (4)

お客様の地域でのこの製品に関する詳細情報

取扱い製品の範囲や仕様は国あるいは地域によって異なります。
お客様の地域における情報については、下のプルダウンメニューより国あるいは地域を選択してお進みください。