大型・超大型油圧ショベル

大型・超大型油圧ショベル

大きな力を生かし、さまざまな現場で生産性向上に貢献

大型油圧ショベルは、土木をはじめ、フロント(アーム、ブーム、アタッチメント)を付け替えることで、解体、浚渫(しゅんせつ)、港湾荷役などの現場で、大きな力を生かして、お客さまの生産性向上に貢献しています。
超大型油圧ショベルは、世界中の大規模な露天掘り鉱山のさまざまな環境下でも安定稼働するために、信頼性や耐久性が求められる製品です。そのほか、船上に搭載されることで埋立土砂揚土作業や浚渫作業にも活用されています。
日立建機は、1979年に運転質量159~173tの油圧ショベルを開発して以来、さらなる大型化を望むお客さまの声に応え、1987年に328tの超大型油圧ショベルEX3500を開発しました。現在では、世界最大級の運転質量800t、バケット容量40m3を誇るEX8000が世界中の鉱山で稼働しています。
また、ショートストロークの電子レバーを採用するなど、操作性や居住性も追求し、1日20時間以上も稼働する現場でのオペレーターの疲労軽減にも配慮しています。

運転席
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。