小型振動ローラの燃料タンクキャップ交換対策

1. リコール情報

リコール届出番号

4586

リコール開始日

令和元年10月18日

不具合の部位(部品名)

燃料装置(燃料タンクキャップ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ロード・ローラの燃料タンクにおいて、燃料タンクキャップの選定が不適切なため、ブリーザーのないものが取付けられている。そのため、燃料消費によってタンク内に負圧が生じてエンジンへの燃料供給が滞り、エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し急制動するおそれがある。

改善措置の内容

全車両、燃料タンクキャップをブリーザー付きの対策品に交換する。

不具合件数

3 件

事故の有無

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

  • 使用者:直接電話またはダイレクトメール等で通知する。
  • 自動車分解整備事業者:使用者を全て把握しているので、周知のための措置は取らない。
  • 対策完了車については、計器盤左側面にステッカー(№4586)を貼る。

2. 対象車

対象車
車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数 備考
日立 ZC35C-5 HCMTCJA0C00050770
令和元年7月10日
1台
ZC50C-5 HCMTCKA0E00050880
令和元年8月23日
1台
住友 HW41VWH-6 HCMTCHA0C00050852
令和元年7月24日
1台
(計1型式) (計3車種) (製作期間の全体の範囲)
令和元年7月10日~令和元年8月23日
(計3台)

改善箇所説明図 ダウンロード

 

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。