タイヤローラの燃料水浸入対策

1. リコール情報

リコール届出番号

4911

リコール開始日

令和3年4月1日

不具合の部位(部品名)

燃料装置(燃料タンクキャップ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

タイヤローラにおいて、燃料の給油後に燃料タンクキャップが正しく取り付けられていない場合、燃料タンクの給油口から燃料タンク内に水が浸入することがある。そのため、ウォータセパレータの水抜きメンテナンスを実施する前に水溜容量を超えて原動機内部に水が浸入し、燃料装置が発錆することで噴霧不良となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

改善措置の内容

燃料タンクキャップとウォータセパレータを対策品に交換し、燃料タンクの水抜き用ドレンプラグにドレンコックを追加する。
また、燃料タンクキャップの取り付け方法を説明するステッカーを給油口下部に貼り付けるとともに、ウォータセパレータの水抜きを日常点検、燃料タンクの水抜きを「50時間毎」とし、整備表ステッカーおよび水抜き励行ステッカーの貼り替えと取扱説明書の交換を行う。

不具合件数

9件

事故の有無

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

  • 使用者:直接電話またはダイレクトメール等でユーザに連絡する。
  • 自動車特定整備事業者:使用者を把握しているので、周知のための措置はとらない。
  • 対策完了車については、計器盤左側面にステッカー(No.4911)を貼る。

2. 対象車

対象車
車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数 備考
日立 WDP-TAB ZC220P-5 TAB-50102~TAB-50518
平成26年4月1日~平成29年8月25日
369台
住友 WDP-N22A2 HN220WHH-3 TAB-50119~TAB-50499
平成26年5月13日~平成29年7月18日
48台
日立 YDN-TAC ZC220P-6 TAC-60102~TAC-60526
平成29年8月31日~令和3年2月5日
384台
住友 YDN-N22A5 HN220WHH-5 TAC-60110~TAC-60528
平成29年9月27日~令和3年2月8日
28台
(計4型式) (計4車種) (製作期間の全体の範囲)
平成26年4月1日~令和3年2月8日
(計829台)

【注意事項】リコール対象車両の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

改善箇所説明図 ダウンロード

以上

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。