ConSite® OILが「2019年度日本トライボロジー学会技術賞」を受賞

2020年4月15日

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、このたび、稼働する建設機械のオイルを24時間見守る「ConSite® OIL(コンサイトオイル) 」の開発に対して、一般社団法人 日本トライボロジー学会より、「2019年度日本トライボロジー学会技術賞」を受賞しました。

日本トライボロジー学会は、1956年の設立以来60年以上にわたり、全国の大学や研究所、企業の研究開発、設計、製造部門などで、摩擦・摩耗・潤滑(トライボロジー)の問題に取り組んでいる方々が情報交換を行う場になっています。「日本トライボロジー学会技術賞」は、トライボロジー分野の学術・技術の発展を奨励することを目的に、優秀な技術を対象に贈られています。

今回の受賞において、「ConSite® OIL」は、建設機械業界で初めて、遠隔でのオイルの状態監視システムを活用したソリューションであること、今後さらに「ConSite® OIL」を搭載する機種を増やしていくこと、また、トライボロジーの観点から、潤滑オイルの状態監視を鍵に、機械の稼働状態を監視・保全する技術の最適化に寄与するものとして評価されました。技術賞の受賞は、2002年に日立粉末冶金株式会社(現:日立化成株式会社)と合同で「建設機械用高耐久関節ブッシュ材」をテーマに受賞して以来、2回目となります。

「ConSite® OIL」は、サービスソリューション「ConSite®」のメニューのひとつで、稼働する建設機械に搭載した「オイル監視センサ」からエンジンオイルや作動油の情報を24時間モニタリングするとともに、オイルの状態を自動で診断し、お客さまと代理店のサービススタッフなどにレポートを自動で配信します。2017年10月より、ヨーロッパから提供を始め、その後、日本、オーストラリア、東南アジア、中国へと導入地域を広げています。

日立建機グループは、サービスソリューション「ConSite®」を通じて、今後もより適正なサービスや部品の提供を行うことで、お客さまの建設機械の不具合や故障の発生を低減し、お客さまの課題である「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

 

■一般社団法人 日本トライボロジー学会ウェブサイト

■商標注記
・ConSiteは、日立建機株式会社の登録商標です。

以上

 

トピックス記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。