土浦工場 事務管理棟の竣工式を開催しました

2021年3月22日

日立建機株式会社 (本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、2021年2月26日に土浦工場(茨城県土浦市)の事務管理棟を新設し、3月22日に竣工式を開催いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、竣工式は、施工関係者のみの参列に留め、地元の笠間稲荷神社による安全祈願の神事と、事務管理棟の内覧会を行いました。

最後に、田淵 道文執行役副社長より、「2020年度は『日立建設機械本格生産70周年』という大きな節目にあたります。この年に事務管理棟が無事に完成し、本日の竣工式を迎えられたのも、ひとえに日頃からご支援、ご協力いただいております関係各社の皆さま、工事に携わってくださった皆さまのご尽力の賜物と、心から感謝申し上げます。事務管理棟は、土浦工場の顔となる重要な場所に位置し、約700人規模の従業員が集うオフィスとなります。新設にあたりこれまで「快適性」「多様性」「コミュニケーション」をキーワードとし検討を重ねてまいりました。気持ちも新たに、スタッフ一同、より一層努力し、すべてのステークホルダーの方々の期待に応えられるよう、業務に励んでまいる所存でございます」と挨拶がありました。

なお、事務管理棟は2021年6月中の稼働開始を予定しております。また、事務管理棟に続き、土浦工場の「エンジニアリング棟」、龍ケ崎工場(茨城県龍ケ崎市)の「総合棟」を、両工場敷地内にそれぞれ新設し、2022年度中に完成する計画です。

日立建機グループは、今後も従業員の働きやすい環境の実現と、国内主要拠点の再編を通じ、さらなる強靭な事業体質へと転換してまいります。

竣工式 事務管理棟をバックに記念撮影

竣工式 事務管理棟をバックに記念撮影
(*撮影時のみ、一時的にマスクを外しています)

事務管理棟外観

事務管理棟外観

執行役副社長 田淵 道文による挨拶

執行役副社長 田淵 道文による挨拶

内覧会の様子

 内覧会の様子

施設概要

  • 構造・階数:木造地上2階建て
  • 延床面積:5,468.01 m²
  • 主な機能:執務室、会議室、役員室、コミュニケーションスペース

関連情報

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。