日立建機インドネシアが中型油圧ショベルの累計出荷台数4万台を達成

2021年7月19日

インドネシア共和国(以下、インドネシア)の生産拠点であるP.T.日立建機インドネシア(本社:インドネシア 西ジャワ州ブカシ、取締役社長:永尾 幸三/以下、日立建機インドネシア)は、6月10日、11tから30tの中型油圧ショベルの累計出荷台数4万台を達成しました。

4万台目となる中型油圧ショベルZX210LC-5G

日立建機インドネシアは、1991年に設立され、2021年で30周年を迎えています。1993年に第1工場で中型油圧ショベルの生産を開始した当時は、初年度の出荷台数は222台でしたが、東南アジア市場の需要の伸びとともに、着実に生産を積み重ね、このたび、累計出荷台数4万台を達成しました。

東南アジアではパーム油産業が盛んで、パーム油プランテーション(大規模農園)の新規開墾など、日立建機の油圧ショベルを長年ご使用の林業や農業のお客さまからは、耐久性や品質の面で高い評価をいただいております。日立建機インドネシアは、東南アジア地域のお客さまのニーズに合致した製品開発・生産を行うとともに、バリューチェーン事業の強化にも注力しており、2021年6月には、インドネシアで2カ所目となる部品再生工場の操業を開始しました。

日立建機グループは、今後もお客さまの期待を上回る製品とソリューションを提供し、お客さまにとって「身近で頼りになるパートナー」をめざします。

関連情報

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。