ZW30-5Bミニホイールローダを発売

2015年9月25日

日立建機株式会社(社長:辻本 雄一)は、新型ホイールローダZW-5シリーズとして、ZW30-5B(標準バケット容量0.4m3、運転質量2,795kg)を 10月1日から発売します。

ZW30-5Bは、国土交通省排出ガス対策型建設機械3次基準(指定申請中)に適合したミニホイールローダで、従来機の操作性、安全性を踏襲しながらも、作業性能、オペレータの快適性など、ホイールローダに求められる点を改良し、ユーザーニーズに応えています。

販売目標は、国内向けに合計で年間1,500台を見込んでいます。

主な特長

  1. 時代にマッチした環境性能
    • 国土交通省排出ガス対策型建設機械3次基準に適合。(指定申請中)
    • 「国土交通省超低騒音型建設機械」。(指定申請中)
  2. 優れた操作性と安全性の高い運転空間
    • パワートレインには実績のある信頼性が高いハイドロ・スタティック・トランスミッション(HST)システムを採用し、アクセルワークひとつで車両の速度を制御することが可能。
    • 乗降口の左右にグラブハンドル(手すり)と大型ステップを装備し、乗降性の向上を実現。
    • シートベルトを標準装備。
    • キャノピ仕様の他、安全性の高いROPS/FOPSキャブをオプション選択可能。
  3. 多彩なオプション装備
    • 大きなごみが浮遊している作業環境向けに、ラジエータダストスクリーンをオプション設定。
    • 盗難を抑制するNSキーを標準装備。さらに盗難抑止効果の高い電子キーロックをオプション設定。
    • 畜産用バケット、亜鉛メッキバケット、各種除雪プラウ、フォークなど、利用条件に応じたアタッチメントを用意。
    • ZW30-5Bは旧型機と互換性があり、バケットやプラウ、フォークなどの手持ちのアタッチメント(LX20-3の一部およびLX20-7とZW30の全て)をそのまま有効活用することが可能。
  4. メンテナンス性の向上
    • フルオープンボンネットの採用で優れた整備性を実現。

主な仕様

主な仕様
項目 ZW30-5B
標準バケット容量 (m3) 0.4
運転質量 (kg) 2,795
エンジン名称 クボタ D1703-DI-K3A
エンジン最大出力(グロス) (kW/min-1) 18.5/2,200
全長(バケット地上時) (mm) 4,140
全高(バケット地上時) (mm) 2,415
全幅 車体 (mm) 1,505
全幅 バケット (mm) 1,570
ホイールベース (mm) 1,780
バケットヒンジピン高さ (mm) 2,685
ダンピングクリアランス (mm) 2,155
ダンピングリーチ (mm) 775
標準小売価格(万円) 545

注)単位は国際単位系によるSI単位表示。価格は工場裸渡し、消費税別。
寸法、価格はキャノピ仕様時になります。

ZW30-5B

ZW30-5B

以上

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。