ハイブリッドホイールローダZW220HYB-5Bを発売

2016年2月16日

日立建機株式会社(社長:辻本 雄一)は、ハイブリッド機構を搭載した新型ホイールローダZW220HYB-5B (標準バケット容量3.4m3、運転質量18.18t)を、4月1日から発売します。本機は、ハイブリッド油圧ショベルZH200シリーズで培った技術を生かしつつ、ホイールローダ特有の使用形態に合わせて開発したハイブリッドホイールローダです。

日立建機は、2003年に業界初となるハイブリッドホイールローダ(運転質量7tクラスの試作機)を開発し、その後も、実用化に向けた研究を続けてきました。2008年には、当時、当社の連結子会社であったTCM株式会社が、超大型のハイブリッドホイールローダL130(標準バケット容量13m3)を限定発売しています。ZW220HYB-5Bは、それに続くもので、より広い用途で使用される中型ホイールローダにおけるハイブリッド機の市場投入は、国内初となります。

ZW220HYB-5Bのハイブリッドシステムは、減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーとしてキャパシタに蓄電し、加速時に走行モータへ給電することで燃料消費量を削減します。また周囲への騒音にも配慮しており、高まる環境へのニーズに対応した製品です。2014年から市場導入に向けたユーザーテストを繰り返し行うことで、このたび製品化に至り、受注生産にて、日本国内で発売を開始します。

主な特長

  1. 燃料消費量を最大20%低減
    • ハイブリッドシステムと、エンジン回転数制御機構で、標準機ZW220-5B比最大20%の燃費低減を実現。(当社ユーザーテスト結果)
  2. 時代にマッチした環境性能
    • 特定特殊自動車排出ガス規制(オフロード法)2011年基準に適合。
    • クラス初の国土交通省 超低騒音型建設機械指定機。
  3. 優れた操作性と快適な運転空間
    • 車速はアクセルペダル、フロント作業は操作レバーでそれぞれコントロールする独立制御を採用。例えば、車速の上がり過ぎを抑えながらフロントを早く動かすような、標準機であればブレーキペダルを多用する場面での操作性および作業性を大幅に改善。
    • ライドコントロールシステム、リフトアームソフトストップ制御およびエアサスペンションシートを標準装備し、車体の揺れによる荷こぼれを抑制するとともに、オペレータの疲労を低減。
    • 安全性の高いROPS/FOPSキャブを標準装備。
  4. 高い耐久性と容易な整備性
    • 電動駆動方式のため、オイルやフィルタの交換など、トランスミッションに関連するメンテナンスが不要で、メンテナンスに関する休車時間を短縮。
    • 走行モータおよび発電モータに、日立グループのノウハウを生かした新設計の高寿命モータを採用し、高い耐久性を実現。
  5. 多彩なオプション装備
    • 仕様用途に応じ、多彩なオプションから最適な仕様を選択することが可能。

主な仕様

主な仕様
項目 ZW220HYB-5B
標準バケット容量 (m3) 3.4
運転質量 (t) 18.18
エンジン名称 いすゞ 4HK1
エンジン最大出力 (kW/min-1) 147/2,100
エンジン総工程容積(総排気量) (L) 5.19
全長(バケット地上) (mm) 8,200
全高 (mm) 3,405
全幅 車体 (mm) 2,785
全幅 バケット (mm) 2,910
ホイールベース (mm) 3,300
バケットヒンジピン高さ (mm) 4,090
ダンピングクリアランス (mm) 2,880
ダンピングリーチ (mm) 1,150
標準小売価格(万円) 4,522

注)単位は国際単位系によるSI単位表示。価格は工場裸渡し、消費税別。

ZW220HYB-5B

ZW220HYB-5B

以上

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。