タイヤローラZC220P-6を発売

2017年8月30日

― オフロード法2014年基準に適合 ―

日立建機株式会社(執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(以下、オフロード法)」2014年基準に適合した新型タイヤローラZC220P-6(運転質量12.9t)を日本国内向けに2017年9月1日より発売します。

本製品は、オフロード法2014年基準への適合に加え、国土交通省の超低騒音型建設機械の基準値をクリアしながら、従来機と比べて約7.6%の燃費低減を実現しています。また、車体後方の障害物を検知する「後方ガードセンサ」や、駐車ブレーキの掛け忘れを防止する「電気スイッチ式駐車ブレーキ」を採用することで安全性の向上に貢献しています。さらに、機械の稼働状況などのビッグデータを蓄積する「Global e-Service(グローバル イー サービス)」を搭載することで、道路機械ではじめて、稼働状況・保守の遠隔管理を実現しています。加えて、マシンダウンにつながるようなアラームを検知した際にタイムリーにお客さまにお知らせする「緊急レポート」を、パソコンやスマートフォンなどに自動で配信し、お客さまの課題である「ライフサイクルコスト低減」に貢献します。

販売目標は、国内向けに年間150台を見込んでいます。

主な特長

  1. 時代にマッチした環境性能と経済性
    • ZC220P-6は、オフロード法2014年基準に適合しています。
    • 新型エンジンの搭載と油圧ポンプのセッティングを見直したことで、従来機と比べて約7.6%の燃費低減を実現しています。
    • 国土交通省の超低騒音型建設機械の基準値をクリアし、従来機と比べて周囲騒音値および耳元騒音値の3dB低減を実現しています(国土交通省新技術登録システム(NETIS)V登録)。
    • 任意に設定した時間でエンジンが停止する「オートアイドリングストップ機能」を新たに標準装備し、無駄な燃料消費を抑制します。
  2. 生産性向上
    • 走行負荷から作業状況を瞬時に判断し、HST(ハイドロ スタティック トランスミッション)ポンプやモータを最も効率の良い状態に自動制御する「アクティブモータコントロール」を搭載することで、作業性能を高めています。
    • 耐久性の高い散水タンク水量計を標準搭載し、運転席から残量を容易に確認できます。
    • タイヤ1回転分の液剤を噴射制御する液剤噴霧制御機能を追加することで、液剤のまき過ぎを防止し、転圧品質と転圧作業性の向上に貢献しています。
    • 散水量制御機能を標準搭載し、車速に応じた適量の散水により転圧作業性を向上しています。
    • 燃料フィルタ、HSTチャージフィルタ、ウォータセパレータ、タイヤ散水フィルタを乗降ステップの側面に集中配置することで、メンテナンス作業を容易にしています。
    • バッテリは、地上からの点検や交換が容易な位置に配置しています。
  3. 安全性向上
    • 奥行が深い階段式のヒューマンステップを採用し、乗り降りの際の、安全性と運転席左側の視認性を高めています。
    • 車体後方に、障害物検知装置「後方ガードセンサ」を標準搭載しています。超音波式に比べ、使用環境の影響を受けにくい赤外線式を採用した安全補助装置で、検知範囲内に人や障害物が入った際に、回転灯が作動し、ブザー音で周辺の作業員やオペレータに危険を知らせることで現場の安全性向上に寄与します。
    • 「電気スイッチ式駐車ブレーキ」を新たに標準搭載しています。駐車ブレーキを掛け忘れてエンジンを切ってしまった場合でも、電子制御で駐車ブレーキが掛かることで、エンジン再始動時のトラブルのリスクを低減しています。
    • 停車時や作業時など、周囲への意思表示として有効なハザードランプ機能を標準搭載しています。
  4. ライフサイクルコスト低減
    • 尿素SCRシステムレス、マフラフィルタ(PM除去フィルタ)レス方式の新型エンジンを採用したことで、定期的な尿素水の補充や、清掃や交換が不要となり長期的な管理費用の低減につながります。
    • 燃料フィルタやエンジンオイルフィルタといった各フィルタ類のインターバルワーニング機能を車体モニタに標準搭載し、メンテナンス時期の把握、計画的なメンテナンスを可能にしています。
    • 油圧ショベルやホイールローダでお客さまに好評の機械の稼働状況などのビッグデータを蓄積する「Global e-Service(グローバル イー サービス)」を道路機械ではじめて標準搭載し、機械の稼働位置情報やメンテナンス情報をインターネットで確認でき、機械の予防保全と機械管理をサポートします。さらに、機械に装着されたセンサから、マシンダウンにつながるような情報を検知した際に、タイムリーにお客さまにお知らせする「緊急レポート」を、パソコンやスマートフォンなどに自動で配信し、お客さまの課題である「ライフサイクルコスト低減」に貢献します。

 

日立建機グループは、「地球上のどこでもKenkijinスピリットで身近で頼りになるパートナー」をめざし、引き続きお客さまの課題を解決するソリューション「Reliable solutions」をお客さまと協創し、お客さまの課題である「安全性向上」、「生産性向上」や「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

主な仕様

主な仕様
項目 ZC220P-6
運転質量 (kg) 12,855
機械質量 (kg) 8,880
水バラスト質量 (kg) 3,900
走行速度
低速 (km/h) 10
高速 (km/h) 24
最小回転半径 (m) 6.2
登坂能力 (%(度)) 47 (25)
締固め幅 (mm) 2,275
エンジン名称 クボタ V3800-CR-TI-YDN
エンジン定格出力 (kW/min-1) 54.6/2,200
動力伝達 静油圧変速式2段
タイヤ
本数 前軸3/後軸4
サイズ 14/70-20-12PR(OR)
制動装置
主ブレーキ 全油圧式密閉湿式ディスク型
補助ブレーキ HSTブレーキ
駐車ブレーキ スプリング式湿式ディスク型
(ネガティブ作動)
タンク容量
燃料タンク  (L) 105
散水タンク  (L) 3,900
標準小売価格 (万円) 1,256

注) 単位は国際単位系(SI)による表示。価格は工場裸渡し、消費税別。

タイヤローラZC220P-6

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。