ホイールローダZW370-6を発売

2017年9月21日

― オフロード法2014年基準に適合 ―

日立建機株式会社(執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、新型ホイールローダZW-6シリーズとして、ZW370-6(標準バケット容量5.6m3、運転質量32.4t )を日本国内向けに2017年9月25日より発売します。

本製品は、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(以下、オフロード法)」2014年基準に適合したホイールローダで、従来機(ZW370-5B)の操作性や耐久性などの優れた性能を踏襲しながら、より高いレベルの市場の要望に応えるため、「環境性能」、「経済性」、「作業性能」、「メンテナンス性」、「安全性・運転環境」の各種機能を改良し、さまざまな作業現場に適したパフォーマンスを発揮します。

また、排出ガスの後処理装置にPM除去フィルタレスの「尿素SCRシステム」を採用したことで、定期的な清掃や交換などのメンテナンスが不要となり、長期的なメンテナンスコストやメンテナンス中のダウンタイムの低減を実現し、ユーザーニーズに応えています。

販売目標は、国内向けに年間30台を見込んでいます。

主な特長

  1. 時代に適した環境性能と経済性
    • ZW370-6は、オフロード法2014年基準に適合しています。
    • 粒子状物質(PM)と窒素酸化物(NOx)排出量を大幅に低減するため、「尿素SCRシステム」を採用。本システムは、PM除去フィルタレス仕様のため、定期的な清掃や交換が不要で、長期的な保守管理費用の低減につながります。
    • 各種機能の効率化により、作業量当たりの燃料消費量を対従来機(ZW370-5B)比で約7%低減しています。(当社測定値による比較)
    • 多くの作業環境に適した「スタンダードモード」と、高負荷が求められる作業環境に適した「パワーモード」の2つのシンプルなモードに設定を集約することで、作業負荷に適した設定での稼働を実現します。
  2. 生産性向上
    • トランスミッションはオートモードを標準装備することで、走行負荷に応じて最適なギヤが自動選択され、燃料消費量を低減します。さらに、作業状態を自動で判別する「変速遅延モード」を搭載し、最適シフトでの走行、掘削、積み込み時の車速超過を抑制することで、低燃費の実現に貢献します。
    • マルチファンクションモニタにて任意に設定した時間でエンジンが停止する「エンジンアイドリングストップ機能」をオプション設定し、無駄な燃料消費を抑制します。
    • 従来機(ZW370-5B)からお客さまに好評の「アクティブエンジンコントロールシステム」をさらに進化させて搭載。従来、本システムが検知していた発進加速、掘削、アプローチ動作などに加え、登坂走行状態も自動検知することにより、あらゆる作業状況に応じてエンジンの回転数を最適に制御し、最適な作業性能と燃料消費量の低減を実現しています。
    • 荷こぼれ減少を図った新設計バケットを標準装備することで、作業量の向上を実現しています。
    • リフトアームとバケットを同時に動かす「パラレルタンデム機能」により、複合動作がスムーズに行え、さらに、けん引力が従来機(ZW370-5B)と比べ、大幅に向上したことで掘削作業を効率的に行えます。
    • エンジンとトランスミッションを直結することで、動力をダイレクトに伝える「ロックアップトルクコンバータ」を標準装備し、通常走行時だけでなく、登坂時の走行速度を向上させるとともに、燃料消費量の低減に貢献します。
    • スタンダードモードに設定していても、登坂走行などの一時的に大きな出力を必要とする高負荷の作業時に、パワーモードへ切り替えを可能にしながら、負荷が低減した際に自動でスタンダードモードに移行する「クイックパワースイッチ」を標準装備しています。
  3. 安全性向上
    • オペレータの安全性の確保のため、「ROPS/FOPS内蔵型キャブ」を標準装備しています。
    • ガラス接合部分のピラーレス化により、ほぼ全周が見渡せるワイドパノラマキャブを採用。広くゆとりのある快適なキャブ空間は、操作性と安全性の向上に貢献します。
    • 吸排気パイプの位置を従来機(ZW370-5B)より変更し、キャブ後方の視界が向上しました。特に、狭い場所での後退時など、より安全に作業を行うことができます。
    • 7インチフルカラーのモニタに、機械の状態や設定を一括管理するマルチモニタシステムを装備し、多機能かつ容易な操作が可能です。また、尿素水の残量は、マルチファンクションモニタで確認でき、稼働状況に合わせた補給を可能にしています。
  4. ライフサイクルコスト低減
    • 排出ガスの後処理装置にPM除去フィルタレスの「尿素SCR システム」を採用したことで、従来まで必要とされたPM除去フィルタのメンテナンス(清掃、交換など)の手間を省くことができます。また、新たに設置した尿素水タンクの給水口は、地上から給水しやすい位置に配置しました。
    • 大きく開閉するエンジンカバーを採用。従来機(ZW370-5B)の優れたメンテナンスアクセスに加え、「エンジンルームのアクセス性向上」や「バッテリーと電装部品の集中レイアウト」により、さらなるメンテナンス作業の効率化を図りました。
    • ラジエータに「自動逆転クーリングファン」を標準装備し、クーリングファンを定期的に自動逆回転させることで、ラジエータに付着したホコリなどを除去し、冷却性能を維持します。
    • 従来機から定評のある「ダブルZバーリンケージ」、「ローマウント リフトアームシリンダ」やボックス断面構造のリアフレームの採用により、大型機特有の原石積み込みなどの重掘削や偏荷重の高負荷下においても、機械の耐久性や安定性を向上させました。
  5. サービスソリューション「ConSite」
    • ZW-5シリーズよりお客さまに好評のサービスソリューションである「ConSite(コンサイト)」を用意。 パワートレインを含む無償延長保証、無償メンテナンスが付帯しています。また、お客さまのご希望に合わせ、データレポート、有償延長保証、ALUE PACK Fiveなどの各種有償サービスを用意しています。

 

日立建機グループは、「地球上のどこでもKenkijinスピリットで身近で頼りになるパートナー」をめざし、お客さまの課題を解決するソリューション「Reliable solutions」をお客さまと協創し、お客さまの課題である「安全性向上」、「生産性向上」や「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

主な仕様

主な仕様
項目 ZW370-6
標準バケット容量(m3) 5.6(BOC付ストックパイル)
運転質量(kg) 32,430
エンジン
名称 いすゞ 6WG1
最大出力 (kW/min-1)
(グロス)
290/1,800
全長(バケット地上時) (mm) 9,750
全高(バケット地上時) (mm) 3,730
全幅
 車体 (mm) 3,220
バケット (mm) 3,450
ホイールベース (mm) 3,600
バケットヒンジピン高さ (mm) 4,660
ダンピングクリアランス (mm) 3,260
ダンピングリーチ (mm) 1,480
標準小売価格(万円) 7,600

注) 単位は国際単位系(SI)による表示。価格は工場裸渡し、消費税別。

ZW370-6 ホイールローダ(一部オプションを含む)

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。