イタリアンタイ・デベロップメント社に電動式超大型油圧ショベル7台を納入

2020年1月28日

日立建機タイランドが納入式を開催

電動式超大型油圧ショベルEX3600E-6LDの納入式典

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)のタイ王国(以下、タイ)現地法人である日立建機タイランド Co.,Ltd.(本社:バンコク・バンナー地区、取締役社長:麦島 克成/以下、日立建機タイランド)は、このたび、タイ国内最大手のゼネコン・建設会社Italian-Thai Development Public Company Limited(本社:バンコク・フワイクワーン区、/以下、イタリアンタイ・デベロップメント社)から360トンクラスの電動式超大型油圧ショベルEX3600E-6LD 7台を受注し、1月14日、タイ王国ラムパーン県にあるElectricity Generating Authority of Thailand (タイ電力庁/以下、EGAT)が所有するマエモ鉱山にて納入式を行いました。

式典は、イタリアンタイ・デベロップメント社 執行役専務のSomphong Boonsiri氏、日立建機 執行役常務 マイニング事業本部長の石井 壮之介、日立建機 執行役兼 日立建機アジア・パシフィック Pte.Ltd. 取締役会長兼社長の松井 英彦、日立建機タイランド 取締役社長の麦島 克成、最高執行責任者(COO)のAmnat Piyajittraが参加する中、行われました。

今回納入した7台の電動式超大型油圧ショベルは、EGATからイタリアンタイ・デベロップメント社に委託された「EGAT No.9プロジェクト」において、タイ国内最大の露天掘り鉱山であるマエモ鉱山で石炭を掘削するために使用されます。

日立建機タイランドは、1995年にマエモ鉱山に250トンクラスの電動式超大型油圧ショベルEX2500Eを納入して以来、当機は現在まで25年間稼働しており、日立建機のマイニング製品の卓越した耐久性を証明しています。また、1995年以降も、250トンクラスの電動式超大型油圧ショベルを納入し続け、今回、新たに納入した360トンクラス7台を含めて累計で38台の電動式超大型油圧ショベルをマエモ鉱山に納入したことになります。

今後も、製品の提供に加え、お客さまへ優れたアフターセールスサポートを提供し続けることで、お客さまの事業における課題解決に貢献していきます。

納入した7台の電動式超大型油圧ショベルEX3600E-6LD

 

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。