油圧ショベルとの接触事故低減に寄与するオプションを発売

2020年3月2日

周囲環境視認装置「Aerial Angle®」に物体検知および動作制限の機能を拡充

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(以下、オフロード法)」2014年基準に適合した、10~20tクラスの中型油圧ショベル5機種*1のオプションとして、機体と障害物の接触事故低減に寄与する「Aerial Angle®(エアリアルアングル) STEPⅢ 『物体検知+動作制限システム』」(以下、「Aerial Angle® STEPⅢ」)を日本国内向けに2020年6月より発売します。

標準小売価格は270万円(税抜き)、販売目標は年間200セットを見込んでいます。

厚生労働省の統計によれば、建設業での労働災害事故件数は、全産業の約3割*2を占めており、建設・土木業界において「安全性向上」は最大の課題となっています。

建設機械による労働災害事例のうち、油圧ショベルを使用中の事故が約半数であり、なかでも、油圧ショベルの動き始めにおける接触事故が最も多くなっています*3

日立建機はこれまでも施工現場の安全性向上に取り組んでおり、2018年10月には、機械を中心に上空から見下ろしたような映像を運転席内のモニターに表示し、操作開始前に機体周辺の移動体を検知する「Aerial Angle® STEPⅠ 『周囲環境視認装置』」 を油圧ショベルに標準搭載しました。2019年5月には、機体周辺の物体や反射材を常時検知可能な「Aerial Angle® STEPⅡ 『物体検知システム』」をオプション発売しています。

今回発売する「Aerial Angle® STEPⅢ」は、油圧ショベルの動き始めにおける接触事故を低減するため、機体周辺で検知した物体の位置や機体の動作状況に応じて、エンジン回転数を低減し、走行・旋回動作を抑止する機能を追加しました*4。機体の操作開始前に周辺の物体(人や障害物)を検知した場合は、レバー操作をしても走行・旋回動作が行われず、油圧ショベルの動き始めの接触事故を低減します。油圧ショベルの走行・旋回動作中に物体を検知した場合、エンジン回転数の低減やモニター上の警告とブザー音により、オペレータに注意喚起し、操作の停止を促します。さらに、機体の状態や機体周辺の物体検知情報を、外部ブザーや回転灯で周囲の作業者にも注意喚起することで、接触事故の低減に寄与します。

なお、日立建機は、「Aerial Angle® STEPⅢ」を「第3回建設・測量生産性向上展『CSPI-EXPO2020』(2020年4月22日(水)~24日(金)、場所:千葉県・幕張メッセ)」に出展します。

*1: ZX120-6、ZX135US-6、ZX200-6、ZX225US-6、ZX225USR-6
*2: 2019年5月17日公表「平成30年労働災害発生状況の分析等」
*3: 厚生労働省「職場のあんぜんサイト」内「労働災害事例」より、建設機械等に起因する災害事例(236件)を、独自分析したもの(2020年3月2日現在)。
*4:検知エリアに人や障害物が入った場合に、ブレーキにより機械を自動停止する機能ではありません。作業中に機械を自動停止することによって発生する、機械の転倒や土砂などの落下による二次被害を考慮しています。

「Aerial Angle® STEPⅢ」の主な機能

1.機体周辺の物体を検知して、走行・旋回動作による接触回避に寄与

機体上部の4カ所に搭載した赤外線深度センサおよびカメラにより、車体側面から約3m、後方から約2.5m以内の物体を検知します*5

*5:検知範囲は目安であり、使用環境によって変化することがあります。炎天下やレンズ面に付着物(砂塵、泥、水滴、雪、霜など)がある場合、条件によっては機能しないことがあります。

2.検知情報をオペレータと周囲の作業者に伝達

物体を検知した場合、オペレータには運転席内のモニターの表示とブザー音で、周囲の作業者には回転灯と外部ブザーで検知情報をお知らせします。

運転席内のモニター表示内容

3.物体検知時の機体動作制限

物体を検知した場所(ZONE)や検知時の機体の動作状況に応じて、機体の動作を制限し、オペレータおよび周囲の作業者の認識を促すことで、衝突事故の発生低減に寄与します。なお、オペレータの意図しない機体の停止は吊り荷の荷崩れや機体の転倒などの事故を引き起こす可能性があるため、動作中のブレーキによる自動停止機能は付与しておりません。

・物体検知の場所と機体状況別の機体動作制限

機体待機時 機体走行・旋回動作中
ZONE1
走行・旋回動作による
接触が想定される範囲
・エンジン回転数の低減
・走行・旋回動作の制限
(操作しても始動しない)
・エンジン回転数の低減
ZONE2
走行動作による
接触が想定される範囲
・走行動作の制限
(操作しても始動しない)
・走行動作中のみ、エンジン回転数の減速
ZONE3
障害物の接近を知らせる範囲
・オペレータおよび周囲の作業者への注意喚起
・動作制限はなし
・オペレータおよび周囲の作業者への注意喚起
・動作制限はなし

日立建機グループは、「人と機械の最適な関係」をめざし、引き続きお客さまの課題を解決するソリューション「Reliable solutions」をお客さまと協創し、お客さまの課題である「安全性向上」「生産性向上」「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

■商標注記
・Aerial Angleは、日立建機株式会社の登録商標です。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。