高精度測位サービス「ichimill」が建設機械メーカーで初めて採用

2020年6月30日

スマホによる土量計測・進捗管理サービス「Solution Linkage® Survey」で活用し、2周波測位で計測準備時間を大幅に短縮、ランニングコストも最大7分の1に低減

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO宮内 謙/以下、ソフトバンク)は、高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」が、日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)が提供する、スマートフォン(スマホ)で施工現場の進捗管理ができる「Solution Linkage® Survey(ソリューション・リンケージ・サーベイ)」のアドバンス版に採用されましたのでお知らせします。「ichimill」が建設機械メーカーで採用されるのは、今回が初めてです。

測量などで使用する位置情報の確定には、準天頂衛星「みちびき」などのGNSS※1から複数の異なる信号を受信する必要がありますが、「ichimill」は一度に2周波※2の信号を受信でき、その周波数の違いから遅延時間の差を読み取って補正するため、計測の準備時間を短縮することができます。このたびの「ichimill」の採用により、土木施工現場で「Solution Linkage® Survey」のアドバンス版をご利用のお客さまは、従来の1周波対応のGNSSアンテナでは最長で十数分かかっていた土量計測の準備時間を、わずか1分程度に短縮できます。また、「ichimill」はソフトバンクが全国3,300カ所以上に設置した独自基準点を活用してRTK測位※3を行うため、全国のほとんどの現場※4で誤差数センチメートルの高精度な測位が可能です。さらに、従来のRTK測位に対応したサービスと比較して、ランニングコストを最大で7分の1程度に抑えることができます。

「Solution Linkage® Survey」について

「Solution Linkage® Survey」は、スマホの専用アプリで計測対象を動画で撮影するだけで、土木工事の作業で発生する土量や、土木施工現場の進捗状況を簡便かつ定量的に把握することができるサービスです。2020年6月16日からスタンダード版とアドバンス版にラインアップを拡充して提供しています。

従来のサービスでは、GNSSからの信号を受信するGNSSアンテナに1周波対応のものを使用しており、このアンテナで受信した信号と、補正情報提供事業者から送られた補正情報を使って精密な測位を行っていました。1周波対応のGNSSアンテナは安価に入手できますが、GNSSから複数の信号を受信して位置情報が安定するまでの時間(計測準備時間)が最長で十数分かかることが課題となっていました。

「ichimill」の特長と「Solution Linkage® Survey」のアドバンス版について

ソフトバンクが提供する「ichimill」は、GNSSから受信した信号を利用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの高精度な測位ができるサービスです。また、2周波対応のGNSSアンテナを内蔵したGNSS受信機をソフトバンクが独自に開発しており、これをスマホと接続して使用することで、計測準備時間を1分程度に短縮することができます。

さらに、これまでの土木施工現場の測量では、エリアによって正確な位置情報を取得しにくいという課題がありましたが、「ichimill」はソフトバンクの基地局の設置場所を活用して全国3,300カ所以上に独自基準点を設けており、独自基準点とユーザーの測定位置までの距離が常に10キロメートル圏内となるため、全国のほとんどの現場で高精度な測位を行うことができます。

なお、従来のサービスでは、アンテナや受信機の購入費用に加え、補正情報を提供する事業者に支払う月額数万円程度の補正情報サービス料が発生していましたが、アドバンス版では、スマホやGNSS受信機をはじめとする測位に必要なツールと、「ichimill」を活用した測位サービスをパッケージ化して月額制で提供するため、ランニングコストを最大7分の1程度に抑えることができます。

「Solution Linkage® Survey」に関する詳細やお問い合わせは、こちらをご覧ください。

「ichimill」に関する詳細やお問い合わせは、こちらをご覧ください。

Solution Linkage® Surveyのラインアップ

高精度測位サービス「ichimill」のサービスイメージ

ソフトバンクが提供するGNSS受信機

※1:GNSS(Global Navigation Satellite System)とは、QZSS(準天頂衛星システム)やGPS、GLONASS、Galileoなどの衛星測位システムの総称。
※2:QZSS L1/L2、GPS L1/L2、GLONASS G1/G2、Galileo E1/E5、BeiDou B1/B2の2周波に対応。
※3:RTK(Real Time Kinematic)測位とは、固定局と移動局の2つの受信機を利用し、リアルタイムに2点間で情報をやりとりすることで、高精度な測位を可能にする手法のこと。
※4:SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTEのサービスエリアが対象。
※5:福井コンピュータ株式会社「CIMPHONY Plus」の契約が必要。「CIMPHONY Plus」は3次元データの管理に対応し、進捗状況の可視化やクラウド上でのデータ共有が可能。

キャンペーンサイト情報

スタンダード版は、6月16日から、アンテナを使わず無料で試用できるキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細はこちらからご覧ください。

■関連リリース
2020年5月25日 日立建機
スマホによる土量計測サービス「Solution Linkage® Survey」のラインアップを拡充

 

■商標注記
・Solution Linkageは、日立建機株式会社の登録商標です。
・ichimillは、ソフトバンク株式会社の商標です。
・その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社、団体の商号もしくは登録商標です。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。