日立建機がLIXILと四日市港で輸出入用コンテナの共同利用を開始

2020年6月18日

コンテナラウンドユースで効率化、ドライバー不足やCO²排出量の抑制、輸送費の低減に寄与

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、会長兼CEO:瀬戸 欣哉/以下、LIXIL)と四日市港での輸出入用のコンテナを共同利用する、コンテナラウンドユース(CRU)を6月19日より開始します。

オランダへ輸出するミニショベルをコンテナに積み込む様子

今回の取り組みは、日立建機が進めている国内の開発・生産拠点の再編に伴う動きで、日立建機の物流事業を担う日立建機ロジテック(取締役社長:澤田 年弘)が、コンテナラウンドユースに最適な物流体制をLIXILと協力して構築し、実現しました。これにより、コンテナの輸送距離が減るため、ドライバー不足やCO2排出量の抑制、輸送費の低減に寄与します。

コンテナラウンドユースは、輸入企業が使用した空のコンテナを輸出企業が継続して利用するもので、平常時において物流を効率化できるため、また東京五輪開催時の会場周辺での交通混雑に伴う物流の遅延や停滞を回避するため、近年、東京港など関東地方では主流になっている取り組みです。

今回は、空のコンテナをトラックに積載したまま荷役作業を行う「オンシャーシ方式」を採用しました。国際貿易港である四日市港(三重県)から、滋賀県甲賀市の水口工業団地にある株式会社LIXIL物流(代表取締役社長:鎌内 浩司)の水口物流センターにて輸入で使用したコンテナよりエクステリア商材などを荷降ろし後、約1.5km先(同工業団地内)の日立建機ティエラ(代表取締役社長:中村 和則)に回送します。日立建機ティエラにてミニショベルやミニホイールローダなどを積み込んだ後、再び輸出のために四日市港に運びます。LIXILと共同利用することで空のコンテナの輸送距離が減るため、従来と比べてCO2排出量を年間約40トン抑制し*1、輸送費は約20%低減します。また、利用するトラックの台数を減らすことができるため、トラックドライバー不足や周辺の交通量の低減にも寄与します。

*1:(コンテナ1本あたりに抑制できるCO2排出量:0.116トン)×(本取り組みにおける年間運用目標コンテナ数:350本)=約40トン

日立建機ティエラとLIXIL水口物流センターのコンテナラウンドユースの流れ

取り組みの背景と今後の方針

日立建機は、グローバル競争力を強化するため、2018年度より国内の開発・生産拠点の再編を進めています。今年度、日立建機ティエラでは新たにミニホイールローダの生産を開始(龍ケ崎工場から移管)しました。この再編により、輸出される建設機械が中長期的に増加する見通しの日立建機ティエラを、ミニショベル、ミニホイールローダの最適な生産拠点にするため、従来の物流体制を見直し、異業種であるLIXILとのコンテナラウンドユースの仕組みを構築しました。今後は、他の貿易港でもコンテナラウンドユースの拡大をめざします。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。