グロ―バルにブランドを整理・統一し、メーカー保証部品の供給体制を確立

2020年7月20日

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、このたび、部品サービス事業と部品再生事業が連携した取り組みとして、お客さまに提供するアフターサービス用部品のブランド区分を、日立建機グループ全体で統一しました。グローバルでの供給体制を確立し、世界中のお客さまのニーズに沿った高品質で保証付きの部品を提供できるようになりました。

新たな部品ブランド「SELECTED PARTS」

部品のブランド区分は「純正部品」のほか、日立建機認定のサプライヤーとともに、純正部品と互換性のある仕様に調整した「Hitachi Construction Machinery Selected Parts (以下、SELECTED PARTS(セレクテッド パーツ))」、使用済みの純正部品を分解・整備した「再生部品」です。お客さまは、保有している機械の用途や今後の計画、予算などに応じて、日立建機が品質を保証する3つのブランド区分から部品を選択できるようになります。2021年1月より、新たなブランド区分に切り替え、提供を開始する予定です。

ブランド区分

  1. 純正部品(Hitachi Construction Machinery Genuine Parts)
    新車に使用されている部品と同じもので、日立建機グループの品質保証基準を満たしています。保証期間は、部品を取り付けた日や購入日から12カ月です。

  2. SELECTED PARTS(セレクテッド パーツ)(Hitachi Construction Machinery Selected Parts)
    日立建機が認定するサプライヤーとともに、純正部品と互換性のある仕様に調整した部品「SELECTED PARTS」を開発しました。生産も日立建機認定のサプライヤーによって行われ、純正部品よりも低価格で、保証期間は純正部品と同様になります。足回り部品(シュー、ローラー)やバケット部品など、ミニショベル、中・大型油圧ショベルのほぼすべての機種に対応できるラインアップを揃えています*1

  3. 再生部品(Hitachi Construction Machinery Remanufactured)
    お客さまの機械の修理や定期交換などで回収した使用済み純正部品(油圧ポンプ、油圧シリンダ、走行装置など)を、日立建機グループの部品再生工場で分解・整備して新品同等の機能保証をつけ、新品の約5~7割の価格でお客さまにリユースしていただく事業をグローバルで展開しています*2。より安心してお使いいただけるよう、部品の耐用年数や再利用の判定を行うための技術開発も推進しています。部品再生事業を通じて、産業廃棄物の削減*3ならびに部品生産に伴うCO2発生の抑制*4など、環境負荷の低減と循環型社会の実現に貢献していきます。

3つのブランド区分のロゴデザイン

日立建機グループは、部品サービスや部品再生事業、レンタル、中古車などの事業をバリューチェーン事業と位置づけ、事業の拡大と経営基盤の安定化に取り組んできました。これからも、バリューチェーン事業の深化と拡充を継続し、お客さまの課題である「ライフサイクルコストの低減」にさらに貢献していきます。

*1:超大型油圧ショベル(120トンクラス以上)およびダンプトラックの鉱山機械はSELECTED PARTSの対象外です。
*2:北米、中南米地域の超大型ショベル(120トンクラス以上)およびダンプトラックの鉱山機械は再生部品の対象外です。
*3:日立建機グループが扱う全ての機種を対象とし、2019年度は合計約7,700トンのスクラップを削減。
*4:年間で約19,000トン(産業廃棄物削減量と国立研究開発法人産業技術総合研究所データベースから算出)

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。