国内砕石プラントへの超大型油圧ショベルとリジッドダンプトラックの納入を決定

2020年8月26日

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)の子会社で、国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本株式会社(取締役社長:榎本 一雄/以下、日立建機日本)は、株式会社藤坂(本社:栃木県佐野市、社主:山野井 祥二、代表取締役社長:古川 恒光/以下、藤坂)と、藤坂が新設する砕石プラントに560トンクラスの超大型油圧ショベルEX5600-7とACモーター駆動方式のリジッドダンプトラックEH3500AC-3(2台)計3台の鉱山用機械を、2021年度中に納入することで合意しました。日立建機グループで、500トンを超えるクラスの超大型油圧ショベルとダンプトラック2台の同時納入は、日本国内では初めてとなります。

2021年度より稼動開始予定の砕石プラント

藤坂は、長年にわたり国内最大級の生産量を維持し続けている砕石メーカーで、道路や建物基礎、橋梁などの社会インフラに欠かせない砕石を国内各地に供給しています。今回納入が決定した3台の鉱山用機械は、藤坂が2021年度に栃木県佐野市内に新設する砕石プラントにおいて、道路・生コン用の材料となる砕石の掘削、運搬に使用されます。従来からの製品に対する高い信頼性に加え、各種センサーの活用による最適なメンテナンスを可能とした最新の超大型ショベルEX5600-7と、ACモーター駆動方式による高い燃費性能ならびに優れた操作性・安定性を持つEH3500AC-3の組み合わせにより、砕石プラントにおける安全性や生産性のさらなる向上を図ります。

日立建機日本は、1980年に当時国産最大級であったローディング仕様の大型油圧ショベルUH50を納入して以来、現在まで多数の鉱山用機械を藤坂グループに納入し、納入後の各製品の定期的なメンテナンスなどのアフターサービスを通じて、信頼関係の構築を継続してきました。

山野井社主からは、「今回の砕石プラントを建設するにあたり、働き方改革への取り組みとして、週休2日制を守り、これまで以上の現場の生産性を確保し、お客さまに安心して商品をお届けできるよう、最新機種の導入を決定した。導入後における日立建機日本のアフターフォローも期待している」とコメントがありました。

今後も、安定した作業能力と信頼性の高い製品の提供に加え、お客さまに優れたアフターサービスを提供し続けることで、お客さまの事業における課題解決に貢献していきます。

2021年度中に納入予定の超大型油圧ショベル(写真は前モデルEX5600-6)と
リジッドダンプトラック EH3500AC-3(右)

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。