日立建機グループで初めて土工用振動ローラを開発

2021年3月16日

日本国内においてレンタルを開始、製品ラインアップを拡充

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)の連結子会社である株式会社日立建機カミーノ(本社:山形県東根市、代表取締役社長:大倉 崇利/以下、日立建機カミーノ)は、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(オフロード法)」2014年基準に適合した土工用振動ローラZC120S-6を開発しました。土工用振動ローラの開発は、日立建機グループでは初めてです。本製品は、日本国内において2021年4月よりレンタルを開始し、2022年度から販売を予定しています。

ZC120S-6

土工用振動ローラ ZC120S-6

日立建機グループはこれまで、道路工事や舗装工事において、地面の締固めや敷きならしを行うための道路機械を販売してきました。道路は、大きく分けて路床、路盤、基層、表層の4つの層から成り立ちますが、1つの層を施工するごとに、異なる道路機械での作業が必要です。

日立建機グループのこれまでの製品ラインアップは、路盤から表層までの工程を対象としたものでしたが、今回開発した土工用振動ローラは、道路や舗装の土台となる路床の締固めのほか、ダムや空港、港湾、宅地造成などの大規模なインフラ整備や、防災・減災に向けた国土強靭化の取り組みにおける活用が期待されます。

本製品は、今後、さらにニーズが高まっていく自律化やICT施工にも対応していく予定です。

主な特長

運転席からの死角を少なくし、機械周辺の目視確認が可能

運転席の窓を大きく、後方が確認できるモニターを設置することで、オペレータが機械周辺を幅広く見渡せるよう工夫し、安全性の向上につなげます。

運転席内のモニター

運転席内のモニター

前進時のモニター画面イメージ

前進時のモニター画面イメージ

操作ガイダンスや注意喚起などを運転席内のモニターに表示

駐車ブレーキの解除のし忘れや、排出ガス後処理装置の再生手順をモニターに表示するなど、さまざまな情報を確認できることで、経験の浅いオペレータの安全性向上を支援します。また、エンジンオイルや作動油などの次回のメンテナンスまでの時間をモニターで確認でき、より適正なタイミングでのメンテナンスの実施を促します。

駐車ブレーキの解除をし忘れた際の操作手順

駐車ブレーキの解除をし忘れた際の操作手順

排出ガス後処理装置の再生手順

排出ガス後処理装置の再生手順

短い動線で、地上から日常点検が可能

エンジンオイルレベルゲージやエアクリーナなどを車体の低い位置にレイアウトすることで、地上から日常的に点検を行うことが可能です。

日立建機グループは、「地球上のどこでもKenkijinスピリットで身近で頼りになるパートナー」をめざし、引き続きお客さまの課題を解決するソリューション「Reliable solutions」をお客さまと協創し、お客さまの課題である「安全性向上」、「生産性向上」や「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

主な仕様

項目 ZC120S-6
質量 運転質量   (kg) 12,400
前軸質量   (kg) 6,400
後軸質量   (kg) 6,000
静線圧(前輪)   N/cm(kgf/cm) 294(30.0)
動線圧(Lo/Hi)(前輪)   N/cm(kgf/cm) 1,024/1,699(104.5/173.4)
振動装置 振動数(Lo/Hi)*1     Hz(vpm) 30.5/30.5(1,830/1,830)
起振力(Lo/Hi)*1     kN 156/300
振幅(Lo/Hi)*2      mm 1.0/2.0
性能 走行速度  (km/h) 0~11
登坂能力*2    度(%) 28.8(55)
最小回転半径  (m) 6.2
締固め幅   (mm) 2,135
エンジン メーカー カミンズ
型式 QSB4.5
最大出力(グロス)  kW/min-1(PS/rpm) 108/2,000(146/2,000)
最大出力(ネット:JIS D0006-1)   kW/min-1(PS/rpm) 106/2,000(143/2,000)
総行程容積(総排気量)  L(cc) 4.46(4,460)

*1:理論値
*2:理論値。地盤によって変化することがあります。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。