ドローンで撮影した写真をクラウド上で3次元点群化するサービス「Solution Linkage® Point Cloud」の提供を開始

2021年5月11日

短時間かつ低コストで、お客さま保有の機器に合わせて柔軟に対応可能

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、UAV(Unmanned Aerial Vehicle、ドローンなどの無人航空機)で撮影した写真を、インターネット上のクラウド経由で3次元点群データを作成するサービス「Solution Linkage® Point Cloud(ソリューション リンケージ ポイント クラウド)」(以下、本サービス)を7月から月額5万円(税抜き)*1で提供開始します。

*1:リリース発表時点の価格のため、予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

「Solution Linkage® Point Cloud」で作成した3次元点群データ(点群処理ソフトで表示)

本サービスの活用により、これまで数時間かかっていた点群作成の工程を、クラウドで自動処理することができます。また、点群を作成する機能に絞ることで、お客さま保有のドローンや測量機器と自由に組み合わせてご活用いただけます。ドローンなどのUAV測量には、点群作成用のソフトウエアと高性能なパソコンが用いられますが、本サービスの場合は、インターネットに接続された一般的なパソコンで作業ができるため、初期投資費用を抑えることができます。

施工現場の3次元点群データは、最適な施工計画の立案や、日々の施工進捗の記録・管理に活用することができます。土木工事のほか、採石現場や産業廃棄物、災害現場などの現状把握も可能です。

「Solution Linkage® Point Cloud」利用イメージ

また、2020年6月から提供している、スマートフォンによる土量計測サービス「Solution Linkage® Survey Advanced*2」を併用して、ドローンなどのUAV測量に必要な座標*3を簡単に取得できるようになります。これにより、トータルステーションなどの測量機器や専門的な知見が無くても、座標情報を有する3次元点群データの作成が可能となります。

*2:スマートフォンで動画撮影するだけで、土木施工現場の土量を把握。国土交通省の出来高算出要領にも対応する。
*3:UAV測量での3次元点群データ作成には、基準となる「標定点」や精度確認のための「検証点」の座標が必要。

なお、日立建機は、本サービスを第3回建設・測量生産性向上展「CSPI-EXPO」(2021年5月12日(水)~14日(金)、場所:千葉県・幕張メッセ)で展示します。

日立建機グループは、今後も引き続き、「地球上のどこでもKenkijinスピリットで身近で頼りになるパートナー」をめざします。ICT建機の販売のみならず、それぞれのお客さまのニーズに沿ったICT・IoTソリューション「Solution Linkage®」を提供することで、お客さまの課題である「安全性向上」「生産性向上」「ライフサイクルコスト低減」に貢献していきます。

関連情報

商標注記

  • Solution Linkageは、日立建機株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社、団体の商号もしくは登録商標です。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。