ZW180-5B ホイールローダを発売

2013年9月30日

-排出ガス規制のオフロード法2011年基準対応-

日立建機株式会社(社長:辻本 雄一)は、新型ホイールローダZW-5 シリーズとして、ZW180-5B(標準バケット容量3.0m3、運転質量14.2t)を10 月1 日から発売します。

本機は、排出ガス規制のオフロード法2011年基準に適合したホイールローダで、当社と株式会社KCM との共同開発により両社の技術を結集させたニューモデルです。現行モデルの良さを踏襲しながらも、経済性、作業性能、オペレータの快適性など、ホイールローダに求められるあらゆる点を改良し、ユーザーニーズに応えています。

販売目標は、国内向けに年間120台を見込んでいます。

主な特長

  1. 燃料消費量を10%低減
    • ZW180-5Bには、機械の動きを瞬時に判断し、エンジン回転数を制御する「アクティブエンジンコントロールシステム」を採用しました。これにより、作業中の無駄なアクセルの踏みすぎを補正し、従来機比10%の燃費低減を実現しました。
  2. 時代にマッチした環境性能
    • 排出ガス規制は、日本のオフロード法2011年基準の他に欧州(Stage ⅢB)、北米(Interim Tier 4)に対応しています。
    • 排出ガスの後処理装置は「酸化触媒」のみで、PM(粒子状物質)を捕集するセラミックフィルタが不要なクリーンエンジンを搭載しています。
    • 排出ガスの後処理装置は「酸化触媒」のみで、PM(粒子状物質)を捕集するセラミックフィルタが不要なクリーンエンジンを搭載しています。
  3. 快適な運転空間
    • 車体の揺れによる荷こぼれ抑制、オペレータの疲労低減のため、以下の機構を標準装備しました。- ライドコントロールシステム   - 新型クラッチカットオフ制御- メカニカルサスペンションシート
  4. 楽なメンテナンスを実現
    • ラジエータ清掃の手間を軽減する自動逆転油圧駆動ファンを標準装備しました。
    • モニタに、次回オイル/フィルタ交換までの時間を表示します。
    • PM(粒子状物質)を捕集するセラミックフィルタがないため、一定時間毎のフィルタ清掃・交換が不要です。
    • “グローバルe-サービス”対応通信端末を標準装備しました。
  5. 安心保証・メンテナンスサービス
    • このたび発売する特定特殊自動車排出ガス2011年基準適合車の新車保証プログラムです。従来の保証に加え、無償で安心保証とメンテナンスサービス※1が受けられます。
      1. 安心保証エンジン(付属機器含む)、トランスミッション、アクスルなどの主要コンポーネントを3 年間または5,000 時間のいずれか先に達するまで延長で保証します。
      2. メンテナンスサービス2,000時間※2までのエンジンオイル・エンジンオイルフィルタ交換と燃料フィルタ交換を、無償にて行います。

※1 メンテナンスサービスは、レンタル会社様への販売時には付帯されません。
※2 交換インターバルは取扱説明書に準じます。

主な仕様
項 目 ZW180-5B
標準バケット容量 (m3) 3.0
運転質量 (kg) 14,200
エンジン 名称 カミンズ QSB6.7
最大出力 (kW/min-1) 126/2,000
全長(走行姿勢) (mm) 7,710
全高 (mm) 3,280
全幅 車体(mm) 2,610
バケット(mm) 2,690
ホイールベース (mm) 3,100
バケットヒンジピン高さ (mm) 3,920
ダンピングクリアランス (mm) 2,760
ダンピングリーチ (mm) 1,100
標準小売価格 (万円) 2,630

注)単位は国際単位系によるSI 単位表示。価格は工場裸渡し、消費税別。

130917_1

ZW180-5B

以上

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。