ZC220P-5タイヤローラを発売

2014年04月02日

-排出ガス規制のオフロード法2011年基準対応-

日立建機株式会社(社長:辻本 雄一)は、新型タイヤローラZC220P-5(運転質量12.9t)を4月14日から発売します。

本機は、排出ガス規制のオフロード法2011年基準に適合したタイヤローラで、国土交通省の超低騒音型建設機械の基準値もクリアし、環境に配慮しています。また従来機(CP220-3)と比較して、安全性、作業性、メンテナンス性を向上しました。道路工事など様々な現場での転圧作業に活躍が期待されます。

販売目標は、国内外合わせ年間160台を見込んでいます。

主な特長

  1. 安全性、快適性の向上
    • 奥行きの深い3段ヒューマンステップの採用で乗り降りが容易。
    • 機械の前後から1m離れた位置にある高さ1mの物が、運転席から視認できる、欧州視界基準“1×1″(ワンバイワン)をクリア。
    • 赤外線を利用した、人物や障害物を検知する安全補助装置「後方ガードセンサ」を標準装備。
    • キャノピを簡単に折りたためるガスダンパでのアシスト機構と取っ手を採用。
  2. シンプルで使いやすい、高い作業性
    • HST(Hydro Static Transmission)駆動の採用で、滑らかな発進・停止が可能。
    • 車速に応じて適量の水を散水できる、散水量制御機能を装備。
    • サスペンション付きシートの採用で、長時間の作業でもオペレータの負担を軽減。
  3. 環境に配慮
    • 特定特殊自動車排出ガス規制のオフロード法2011年基準に適合。
    • 国土交通省の超低騒音型建設機械指定機。
  4. メンテナンス性
    • 散水ポンプは、ポンプ詰まりが起こりにくいインペラ式を採用。
    • ワンタッチで脱着可能な散水・液剤ノズルを採用し、ノズル詰まり時の清掃性を向上。
    • フィルタ類をステップの横に集中配置してあるので、日常のメンテナンスの負担が軽減。
主な仕様
項 目 ZC220P-5
運転質量 (kg) 12,905
機械質量(kg) 8,950
水バラスト質量(kg) 3,900
走行速度 低速(km/h) 10
高速(km/h) 24
最小回転半径(m) 6.2
登坂能力(%)(度) 47(25)
締固め幅(mm) 2,275
エンジン名称 クボタ V3800-CR-T
エンジン定格出力(kW/min-1)(PS/rpm) 69.0/2,200(94.1/2,200)
動力伝達 静油圧変速式2段
タイヤ 本数 前軸3/後軸4
サイズ 14/70-20-12PR(OR)
制動装置 主ブレーキ 全油圧式密閉湿式ディスク型
補助ブレーキ HSTブレーキ
パーキング(駐車) ブレーキ スプリング式湿式ディスク型 (ネガティブ作動)
タンク容量 燃料タンク(L) 105
散水タンク(L) 3,900
標準小売価格 (万円) 1,196

注)単位は国際単位系によるSI単位表示。( ) 内は従来の単位表示を併記。消費税別。

zc220p-5

ZC220P-5

以上

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。