日立建機リーシング(タイランド)社の株式売却について

2015年2月2日

日立建機株式会社(社長:辻本 雄一)は、このたび、東京センチュリーリース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅田 俊一/以下、東京センチュリーリース)との間で、当社の連結子会社である日立建機リーシング(タイランド)Co., Ltd.(Hitachi Construction Machinery Leasing (Thailand) Co., Ltd./以下、日立建機リーシング(タイランド)社)の発行済株式の70%を東京センチュリーリースおよび東京センチュリーリースの連結子会社であるタイ現地法人TISCO Tokyo Leasing Co., Ltd.(本社:タイ王国バンコク、代表者:田中 邦明)へ売却し、タイ王国における当社グループが取り扱う建設機械の販売金融事業を合弁で進めることについて合意しました。

日立建機リーシング(タイランド)社は、当社グループにより2006年にタイ王国に設立され、当社グループ製品の販売金融サービス供与を主たる事業とする会社です。

今回の日立建機リーシング(タイランド)社の株式売却により、東京センチュリーリースのタイ王国における販売金融事業およびファイナンス・リースに関するノウハウの提供を受けることにより、建設・インフラ分野の投資などで建設機械の需要拡大が見込まれるタイ王国において、当社グループ製品のさらなる拡販を図っていきます。

新合弁会社概要

会社名 HTC Leasing Company Limited
本社所在地 タイ王国バンコク
代表者 未定
事業内容 当社グループの取り扱う建設機械のキャプティブ販売金融事業
資本金 1億タイバーツ(約4億円)
営業開始予定 2015年4月
株主(議決権比率) 日立建機グループ(30%)

東京センチュリーリース株式会社(19%)

TISCO Tokyo Leasing Co., Ltd.(51%)


以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

[/vc_row]

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。