中国のミニショベル市場向けに土木専用機ZX60C-5Aを開発し、テストマーケティングを開始

2020年2月18日

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)の中華人民共和国(以下、中国)現地法人である日立建機(上海)有限公司(本社:上海市浦東新区、董事総経理:程暁明)は、このたび、中国市場向けのミニショベル土木専用機ZX60C-5A(標準バケット容量0.19m3、運転質量5.4t)を開発し、2月より、中国国内向けに限定50台を発売し、テストマーケティングを開始します。

中国市場向けのミニショベル土木専用機ZX60C-5A

日立建機グループは、グループ全体の品質レベルの標準化・向上をめざす世界同一品質「Made by Hitachi」の実現に取り組んでおり、中国市場においても製品の耐久性や操作性などの品質や性能について高い評価をいただいています。また、建設機械を遠隔監視しデータレポートで安定稼働をサポートする「ConSite®」を活用したアフターサービスでも、高い評価をいただいています。

中国では都市開発やインフラの建設需要から、ミニショベルの需要が急速に高まりつつあります。これまで評価されてきた品質や性能を確保しつつ、運転室内のより高い快適性や、主に掘削作業で使用され製品のコストパフォーマンスを求める中国市場のニーズに対応するため、ミニショベル土木専用機を開発しました。

今回開発した土木専用機は、日立建機が市場ニーズの収集・集約による製品戦略を立案し、中国でミニ・油圧ショベルなどの開発、製造をする日立建機(中国)有限公司(董事総経理:梶田 勇輔)と、日立建機グループのコンパクト事業を担う日立建機ティエラ(社長:中村 和則)が共同開発しました。中国市場のニーズを取り入れつつ、これまでのミニショベル開発でのVE活動*を通じた知見を活かした土木専用機となっています。

例えば、ミニショベルの用途は、道路工事などの都市土木をはじめ、農林業、造園、畜産、解体、除雪など、多岐にわたりますが、今回は道路工事などの都市土木に最適な仕様・構造にしています。また、操作性に直接的な影響が少ない運転室内の機器や、油圧ショベルのキーコンポーネントである油圧機器の一部の部品は、日立建機の品質基準を満たした中国国産メーカーを採用することで製品価格を抑えています。

さらに、従来のミニショベルに比べて広い運転室を採用することで作業視野や快適性、高い安全性を確保しています。同時に、車体のフレームに用いる構造部材を一クラス上のものとすることで高い耐久性を実現、また、音響設備などの快適装備は、土木専用機購入後にお客さまが自由に選択できる構造としています。
なお、本土木専用機は、テストマーケティングのために開発したもので、現時点では、量産モデルの発売時期や価格は未定です。

日立建機グループはこれからも、中国をはじめ各国・地域の市場ニーズをグループ内で共有し、日本とグローバル拠点が連携して、市場ニーズに合致した製品開発を進めていきます。

*:VE(Value Engineering) 製品やサービスの価値を、機能とコストとの関係で把握し、システム化された手順によって価値の向上をはかる手法。単なる原価低減ではなく、お客さまにとっての価値向上と利益向上の両立をめざす。

土木専用機ZX60C-5A限定モデルの主な仕様

項目 ZX60C-5A
バケット容量 (m3 0.19
輸送時寸法 全長 (mm) 5,880
全幅 (mm) 2,060
全高 (mm) 2,470
後端旋回半径 (mm) 1,650
機械質量 (kg) 5,400
エンジン出力 (kW) 28.1

■商標注記

・ConSiteは、日立建機株式会社の登録商標です。

以上

 

ニュースリリース記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。