第6回ダイバーシティ委員会を開催

ESG

10月23日、本社会議室で第6回ダイバーシティ委員会を開催しました。ダイバーシティ委員会は、辻本社長を委員長とする日立建機グループのダイバーシティ推進の意思決定機関で、2011年11月から期に1回開催しています。

今回は2013年上期活動報告と次期中期経営計画での取組方針(案)について討議しました。推進施策として、国内グループ会社でのダイバーシティ研修実施状況や、10月24日から開始する「ダイバーシティe-ラーニング」について、また、女性社員対象のダイバーシティ・ワークショップの実施状況などを報告しました。

次期中期経営計画での取組方針(案)については、「ナショナルスタッフの活躍支援」「女性・マイノリティの戦力化」「ワーク・ライフ・マネジメントの推進」の3つを柱に取り組んでいくことを決定しました。

日立建機グループはダイバーシティを推進し、誰もが活き活きと働ける組織と文化の構築を通して、真のグローバル企業になります。

01

ダイバーシティ委員会の様子

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。