「森を活かし、森に生かされる」里山保全活動(多田機工)

ESG

多田機工第二工場に隣接する「豊富どんぐりの森」は、千葉県船橋市の豊富町と鈴身町にまたがる約5haの森です。この森は30年以上放置されてきたため、不法投棄の“ゴミの山”でした。

そこで多田機工は2012年から千葉県里山条例認定団体の「豊富どんぐりの森」*1の森林保全育成活動に参加し、不法投棄の廃棄物撤去・下草刈り・間伐を行い、広場や散歩道作りなど森林整備に努めています。

今では、森は見違えるほど明るくなり、野鳥や野草が見られるようになっています。昨年末には清掃作業後、森で集めたもので「門松」を作り、会社の玄関に飾りました。この活動を通して身近な里山、森林の整備を進め、地球環境の保全にも貢献していきます。

*1:http://toyotomidongurinomori.com/index.html

01

どんぐりの森への入り口

森の入り口で記念写真

森の清掃活動

森で集めたもので門松を作りました

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。