藤田征樹選手、2014UCIパラサイクリングロードワールドカップ第二戦で銅メダル獲得!!

2014年7月30日

7月25日から27日、スペインのセゴビアで開催された2014UCIパラサイクリングロードワールドカップ第二戦の個人ロードタイムトライアルMC3(22km)で、土浦工場技術開発センタの藤田征樹選手が銅メダルを獲得しました。

 

個人ロードタイムトライアルは大会初日の25日に行われ、片道5.5kmのコースを2往復するレースで、藤田選手は1往復目を8位で通過し、落ち着いた走りで2往復目はトップタイムを叩き出しました。結果、タイムは30分34秒58で3位となり、ワールドカップ一戦(イタリア)に続き、2大会連続で表彰台にのぼることができました。

藤田選手からは、「非常に暑く(35~40度)乾燥した中でのレースで、コンディション管理が難しい状況でしたが、崩れることなく我慢の走りで結果を残せたことが収穫でした」
とのコメントが寄せられました。

今後とも皆様の応援、よろしくお願いします。

TP20140730135923990_image1

表彰式の様子。1番右が藤田選手(提供:日本パラサイクリング連盟)

関連情報

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。