日立建機ティエラ碧水会との環境コミュニケーションを実施 -株式会社伊藤園殿によるCSR/CSVについての特別講演会-(日立建機ティエラ)

ESG

日立建機ティエラでは主要サプライヤーで構成されている碧水会(村田和夫会長)と年に4度(本会・部会含む)生産説明会を開催し、環境を含めた取組み方針に関しコミュニケーションを行っています。

9月11日にホテルグランヴィア京都で行われた2014年度秋の説明会ではサプライヤー81社(参加176名)に生産計画や原価低減についての説明を行いました。原価低減のひとつの方策として省エネルギーの継続推進など環境活動についても説明がありました。環境活動はコストだけではなく法規・規制にも関わるため、多くのサプライヤーは関心を寄せていました。 また、本説明会の中で株式会社伊藤園常務執行役員CSR推進部長笹谷氏によりCSVや持続可能な発展のためのサプライヤーとのパートナーシップ強化について特別講演をいただきました。

CSVは日立建機グループの環境中期計画でも取り上げており、ステークホルダと一緒に進めているテーマです。 ティエラでは今後ますます重要になるサプライヤーとのコミュニケーションをCSVの視点から調達部門と協働して進めていきたいと考えています。

講演題目:「経営感度を磨く社会の読み方」“トリプルS”本業を活用したCSR/CSV/ESD
CSV:Creating Shared Value「共有価値の創造」

01

満席になった会場

(株)伊藤園笹谷氏による講演の様子

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。