第11回日立建機フェスティバルを開催

11月9日に土浦工場において、日立建機フェスティバルを開催しました。開場までは、雨が激しく降っていましたが、開場と同時に雨も小降りになり、寒いながらも約4,500人のお客様でにぎわいました。

今年は、ご当地キャラが大集合しました。北は試験場のある北海道浦幌町より『うらは』と『ほろま』、新東北メタルのある北秋田市より『ばたもっち』、そしてご当地からは、龍ケ崎市の『まいりゅう』君と土浦市の『つちまる』君です。ミニショベルの体験コーナー、ゲームコーナーにお子様たちも大喜びの一日となりました。

01

今年もスタッフ、出展者、ご来場者様に車の代わりに電車の利用を呼び掛けたカーボンオフセット活動を実施しました。電車をご利用のご来場者様には、神立駅よりバスによる送迎を行いました。

「民族衣装を着てみよう」のコーナーでは、中国、インド、インドネシアの研修生もスタッフとして参加しました。

日立建機グループにゆかりのご当地キャラクターが勢ぞろいしました。

ミニショベル体験コーナーにはお子様の長い行列ができました。

ゲームコーナーに大喜びのお子様たち。

ショベルによる一筆書きの作品。浦幌町のご当地キャラクター『うらは』と『ほろま』も皆様を熱烈「歓迎」しました。

エコキャップアートも完成。安全第一を心がけます。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。