藤田征樹選手、2015年UCIパラサイクリングロードワールドカップ第2戦で銀メダル獲得!!

2015年6月19日

6月14日から16日、スイスのイヴェルドン・レ・バンで開催された2015年UCIパラサイクリングロードワールドカップ第2戦に、土浦工場技術開発センタの藤田征樹選手が出場し、ロードタイムトライアル男子C3クラス(14.15㎞×2周=28.3㎞)で銀メダルを獲得しました。

ロードタイムトライアルは初日の14日に行われ、小雨の降る中スタートした藤田選手は1周目をトップタイムで通過し、2周目もほぼ同じタイムで最後までペースをキープ。38分00秒00の好タイムでゴールし、2位の銀メダル獲得となりました。

藤田選手は16日に行われたロードレース男子C3クラス(14.53㎞×4周=58.12㎞)にも出場しており、断続的に雨が強まる悪天候の中、1時間44分15秒のタイムで7位に入賞しました。

藤田選手からは、「結果を狙ったレースで表彰台を獲得できたのは嬉しく思っています。勝つことは簡単ではないことを実感しましたが、次も勝ちを狙っていけるよう準備をしていきたいです」とのコメントが寄せられました。

今後とも皆様の応援、よろしくお願いします。

表彰式の様子。1番左のメダリストが藤田選手(提供:日本パラサイクリング連盟)

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。