藤田征樹選手、日本パラサイクリング選手権ロード大会で3連覇!!

2015年6月24日

6月21日、栃木県大田原市で開催された2015日本パラサイクリング選手権ロード大会のロードタイムトライアル(12.4km)で、土浦工場技術開発センタの藤田征樹選手が優勝しました。

藤田選手は、障害者自転車競技クラスのC2からC5までの選手が統合された複合クラス(男子C2-5)に出場し、トップのタイムを記録。一昨年、昨年に続き3連覇することができました。

藤田選手からは「3回目の複合クラス優勝を果たして、今年はチャンピオンジャージに袖を通すことが出来ました。7月後半のロード世界選手権への出場に向け、強化を続けていきます」とのコメントが寄せられました。

今後とも皆様の応援、よろしくお願いします。

TP20150624152111413_image1

スタートを切る藤田選手(提供:日本パラサイクリング連盟)

TP20150624152111413_image2

表彰台で声援に応える藤田選手(提供:日本パラサイクリング連盟)

関連情報

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。