廃棄物のコンポスト化(日立建機インドネシア)

ESG

日立建機インドネシア(HCMI)の工場には6.7ヘクタールの広大な土地があり、雨季には植物が生い茂ります。この剪定は従業員が行いますが、刈った後は大量のゴミが発生していました。

そこで、HCMIは刈り取った植物を有機肥料として活用する活動を始めました。刈り取った植物、水、おがくず、EM(微生物群)などを混ぜpH値や温度を調整することで、2週間で有機肥料になります。

出来上がったものはHCMI周辺に植えられているバナナやマンゴーの肥料として使われます。刈り取った植物を有効活用できるうえオーガニックフルーツを育てることができ、廃棄物削減と同時に資源の有効活用にもつながっています。

刈り取った植物

刈り取った植物

コンポスト作り

コンポスト作り

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。