藤田征樹選手、2015年UCIパラサイクリングロード世界選手権で優勝!!

7月29日から8月2日、スイスのノットウィルで開催された2015年UCIパラサイクリングロード世界選手権に、土浦工場技術開発センタの藤田征樹選手が出場し、ロードレース男子C3クラス(7㎞×8周=56㎞)で優勝を果たしました。

ロードレースは大会4日目の8月1日に行われ、先頭集団で何度も各国の選手がアタックをする中、ラスト2周で藤田選手が飛び出し、2位以下に1分以上の大差で逃げ切り、金メダルを獲得することができました。

藤田選手は7月30日に行われたロードレースタイムトライアル男子C3クラス(31㎞)にも出場。2位~5位までが僅差のレースとなり、50分47秒66のタイムで5位に入賞しました。

今回のロードレースの結果で、世界選手権で優勝した選手のみが来年の世界選手権まで、着用することのできるレインボー(チャンピオン)ジャージを獲得することができました。

今後とも皆様の応援、よろしくお願いします。

表彰式の様子。レインボージャージを着て笑顔の藤田選手(中央)(提供:日本パラサイクリング連盟)

表彰式の様子。レインボージャージを着て笑顔の藤田選手(中央)(提供:日本パラサイクリング連盟)

ラストスパートをかける藤田選手 (提供:日本パラサイクリング連盟)

ラストスパートをかける藤田選手
(提供:日本パラサイクリング連盟)

関連情報

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。