米国オーグスタナ大学の学生が日立建機グループを訪問

ESG

2015年6月1日から16日にかけてオーグスタナ大学の学生6名と教官2名が当社グループを訪問されました。オーグスタナ大学は、米国イリノイ州のロックアイランド市にある私立4年制のリベラル・アーツ・カレッジで、1860年に創立され、約2500名の学生が在籍しています。

今回の訪問目的は日本の企業研究で、約2週間かけて本社、技術研修センタ、霞ヶ浦総合研修所、土浦工場、常陸那珂工場、常陸那珂臨港工場と、グループ会社である日立建機日本、日立建機ティエラを訪問、ヒアリングを重ね、最終日に当社経営幹部に研究成果を発表しました。

発表内容は、「日立建機の外国語研修とKenkijinスピリットについて」「日立建機の環境への取り組み、エコプロダクツについて」「日立建機のグローバル化 人事制度について」で、それぞれが質の高い研究成果でした。

海外の学生を受け入れることで、当社の従業員にとっても良い刺激になった企業訪問となりました。

技術研修センタで説明を受ける学生たち

技術研修センタで説明を受ける学生たち

研修用の溶接機の説明を受ける学生たち(かすみがうら総合研修所にて)

研修用の溶接機の説明を受ける学生たち
(霞ヶ浦総合研修所にて)

研究成果の発表

研究成果の発表

当社従業員とオーグスタナ大学関係者との記念写真

当社従業員とオーグスタナ大学関係者との記念写真

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。