地球温暖化防止へ貢献、カーボン・オフセットを実施(日立建機(オーストラリア))

ESG

日立建機(オーストラリア)は、日常業務を通じてのCO2削減に取り組んでいます。
全社挙げての節電運動や省エネ照明への切り替え、社有車のエコカーへの切り替えなどを順次行っています。さらに従業員出張時の主な移動手段となっている社有車(エコカーでないもの)と飛行機移動を対象に、2013年から2015年までに発生したCO2のオフセット(相殺)を実施しました。CO2排出量はオーストラリアのNGO「Carbon Neutral」の協力を得て算出。8,858tのCO2をオフセットすることで、風力発電や森林再生プロジェクトへ貢献し、地球温暖化防止へ役立てました。
この活動は日立建機グループの販売・サービス拠点として初の取り組みです。

※カーボン・オフセットとは
https://www.hitachicm.com/global/jp/environment-csr/environmental-activities-jp/environmental-conservation-activities-jp/lowering-co2-jp/carbon-offsetting-jp/

Carbon Neutral のHPでの事例紹介(英語)http://carbonneutral.com.au/case-studies/

カーボン・オフセット証明書

カーボン・オフセット証明書

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。