生物多様性を守る「にじゅうまるプロジェクト」への参加(日立建機ティエラ)

ESG

日立建機ティエラは3月24日、生物多様性を守るためのアクションとして「にじゅうまる宣言」を行いました。

「にじゅうまる宣言」とは、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)が考案した生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)愛知ターゲットを達成するための「にじゅうまるプロジェクト」において、生物多様性の損失を止めるための活動に取り組んでいることを宣言(活動を登録)することです。

日立建機ティエラは琵琶湖を有する滋賀県に位置しており、生態系保全をはじめとするさまざまな環境の取り組みを行っています。

 

1705-5

 

■工場の敷地内にビオトープを設置
敷地内にビオトープを作り、クワガタムシやカブトムシが集まる木やメジロ、ウグイスの冬場の食糧となる蜜のある木を植え、10~20年の将来を見据えて地域の生態系の保全に貢献する、生物多様性への豊かな森の形成を図っています。

<貢献している愛知ターゲット>

1705-6

■琵琶湖での外来種駆除活動
45年ほど前より、外来種によって琵琶湖の“固有の”生態系が崩れてきています。滋賀県では固有種を守るため、有害外来種の駆除事業を進めています。日立建機ティエラは琵琶湖でのイベントに合わせ、従業員とその家族、協力会社で外来種駆除活動を行いました。

<貢献している愛知ターゲット>
1705-7

■日立建機ティエラの菜の花プロジェクト
NPO法人菜の花プロジェクトネットワークを支援し、場内のビオトープで菜の花を育てています。菜の花からできるナタネ油は料理に使われ、廃食油はバイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルできます。日立建機ティエラでは廃食油の回収をしており、廃食油は処理業者で精製後、BDFとして場内のフォークリフトに活用しています。

<貢献している愛知ターゲット>
1705-8

今後も生態系を守る活動を積極的に進めていきます。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。