日立建機宋崗希望小学校に、新春の勉学援助活動(日立建機(中国))

ESG

1月23日、日立建機(中国)(HCMC)は合肥市青少年発展基金会と一緒に、安徽省合肥市の長豊県にある日立建機宋崗希望小学校に対し、新春の勉学援助慰問活動を行いました。

日立建機宋崗希望小学校は2010年にHCMCが建設を支援した小学校で、HCMCは中国での長期的な地域活動の一つとして、この小学校への支援を行っています。今回のHCMCの定例訪問に際して、学校側からは事前に、さまざまな事情で困難な生活を余儀なくされている児童10名に対する支援の依頼があり、HCMCは慰問品に加えて補助金を寄付することとしました。

当日、HCMCのボランティアと、この訪問に協力をいただいた合肥市青少年発展基金会からのメンバーは、支援の対象となっている児童2名の自宅を慰問しました。その後、小学校での寄付式に参加し、HCMCは1万元の補助金といくつかの慰問品に加え、学校の図書館に12種類の新しい本88冊を寄贈しました。

現地政府と学校からは、これまでのHCMCの支援に対する感謝に加え、農村部の子どもたちが健やかに成長できる基盤づくりと教育事業の発展を推進していくとの言葉がありました。 また合肥市青少年発展基金会からも、今回の活動を高く評価いただき、これまでの支援への感謝と、これを契機に合肥市の青少年公益事業により多くの関心を寄せてもらえるよう、社会への呼び掛けを行いたいとの挨拶がありました。

HCMCは、これからも日立建機宋崗希望小学校への支援を続けていきます。

参加メンバーで小学生の自宅を慰問

暮らしの様子を伺いました

HCMC 汪建軍管理本部副本部長(右)から本を寄贈

補助金1 万元の寄付も行いました

寄付式の間、真剣な表情の小学生

新しい本を見て、みんな笑顔に

小学生たちと一緒に記念撮影

2016 年に植えた「日立希望の樹」の前で

小学生からの年賀状には日本語も


カラフルな年賀状ももらいました

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。